So-net無料ブログ作成
検索選択

ポスト中崎が出現?&まだ若手だけど来年はヤバイかも?~二軍観戦レポート③ [広島カープ]

楽天とのセパ首位決戦、
負け越しましたが、
負けた試合も接戦の
良い試合でしたね。
1戦目の圧勝、
2・3戦目の惜敗を見ると、
両方とも互角と見て良いでしょう。
この2チームが日本
シリーズとなれば、
良い勝負が見れそうです。

では、6月9日の
二軍観戦レポートの
続きです。


長井<今季19歳・右投手>

昨年ドラフト6位で入団。
つまり今年の3月まで、
高校生だった投手。
にもかかわらず、
すでに7登板と、 野手の坂倉と同様に、 よく使われています。

6回から登場し、 1回1安打無失点でした。

悪い点を先に述べると、 全般的に球が高く
安打を打たれたのも、
高めのスライダーでした。

しかし、ストレートは
全般的に良かったです。
特に右投手のインコースに MAX148キロを投じたのを 筆頭に、それに近い 球種をどんどん内角に 投げ込んでいく投球スタイルは 好感を持ちました。

おかげで、
見事に力でオリ打線を
ねじ伏せました。
これは高卒1年目としては
素直に評価してよいでしょう。
防御率は初登板の頃に
打たれたのが響いて
6点台ですが、
7試合12回で12奪三振と、
三振は取れております。
これは球威や決め球などは、 二軍なら1年目から 通じることを 証明しております。 この投球を見れば、 納得できます。

ドラフト時に、
私は入団時の評価では、
2~3位レベルでも
おかしくない投手だと
述べておりました。

これだけの力で 内角やストライクゾーンに 強く投げられるなら、 出世も早いでしょう。

当面の目標は、
四球と被安打の減少だと
思うので、
もう少し低めを意識し、
丁寧に投げることができたら、
防御率等も結果が出てきます。

来年は二軍で結果を出し、 再来年には、一軍で 起用機会も出てくるかと 思います。

「ポスト中崎」になれる器であり、 それを目指して 頑張ってほしいです。


藤井<今季21歳・右投手>

8回から4番手で登板。 1回で連打を浴び、3失点でした。

今季は防御率12点台と
惨憺たる有様ですが、
なんとなく、その理由も分かりました。
ストレートは143キロと
春先よりも伸びておりますが、
内角をつけないので、 踏みこまれて、打者は容易に 攻略していました。 スライダーは120キロ台で、 今井と違い全般的に制球が悪いです。 しかも何より、投球が単調で、 ストレートで空振りしてもらわないと、 苦しくなってしまいます。
おかげで、2三振取ってからは、
ストレートを狙い打たれて、
連打とフォアボールで、あっという間に
火だるまになりました。

まだ若い上、ストレートは
威力はあるので、
何かきっかけをつかむとか、
上手くやれば改善できると思うのですが、
この悲惨な防御率の他、 今回の投球をみると、 来年もこんなことだと、 解雇も現実的になってきます。
少なくとも一軍起用なんて
ありえません。


加藤<今季23歳・右投手>

説明不用のドラフト1位投手。
先発で成績を残していたのに、
制球の不安を指摘され、
二軍に落とされ、そのせいか
かえって二軍でもパッと
しなくなっています。

そのせいで、なんとか結果を
出さそうとしているのか?
それとも抑えの適性を
試しているのか?
5番手で9回に登場。 1イニングを簡単に3人を抑えました。

殆どの球が140キロ台後半で、
しかも同じレベルの
球速の似たような長井らと違い、
補給音が全然違います。 「ズドーン」という音を聞くだけで、 ハンパではない球の重さを感じます。 この投手から打者が長打を打つのは 困難でしょう。


最後に投げた球が最高速となる 150キロ。 抑えなら、一軍でも全然行ける レベルです。

「抑え投手なら、
どこまで凄い投手になるのか?」と
私以外の多くの人が思います。
しかし、右の中継ぎ・抑えは 豊富なのと、 なまじスタミナもあるので、 先発で使いたくなる・・ そんな投手です。
昔いた、長富がこんな
感じだった記憶があります。

個人的には、今村が
2年後にFA権取得なので、
それまでは先発を試し、
ダメだったら、今村の
去就を見極めて、
抑えに転向させるなど、
考えてみたら
良いかな?と
思っています。




広島東洋カープ ハイクオリティユニフォーム(ホーム) 21 中崎翔太


広島東洋カープ レプリカユニフォーム(ビジター) 21 中崎翔太


16 広島カープ 真赤激 ユニフォーム 21 中崎翔太 限定品 L


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

堂林・ペーニャ・下水流の二軍転落後、未来は如何に?~カープ二軍戦レポート② [広島カープ]

6月9日(金)にマツスタでの
対オリックスとの
二軍の試合を観戦しましたので、
そのレポートです。

今回は野手編です。

下水流<今季30歳・外野手>

長い間、二軍で下積みが
続きましたが、昨年は
プチブレイクでした。
しかし、今年は一軍だけでなく、
二軍でも不振です。

1番・ライトで出場でした。 本塁打の他、2安打と、 満点の内容でした。
感じたのが、
甘い球を打つのが
うまいです。

ただ、比嘉(オリで
一軍通算200登板)など
レベルの高い
投手に当たると、
すぐに打てなくなります。
その辺がやはり課題でしょう。

今のままでは苦しいですが、 天谷のように、甘い球を しっかり攻略を続ければ、 一軍半で生き残れる チャンスはあると思います。


ペーニヤ<今季32歳・三塁>

2番で出場。
一軍では不振で、バティスタと
入れ替えになりました。
打席は3度ありまして、 ショートゴロ、ヒット、投手ゴロでした。
先発の山崎福の
明らかにボールの
スライダーをひっかけたり、
塚田のスライダーには
手も足も出ない等、
変化球に翻弄されていたのが 気になりました。

パワーも外人としては
それほどと思いませんが、
変化球は対応できていないのは 間違いなさそうです。
既に二軍すら打者として
成績を残すには
最低ラインである、
三振率20%前後にいます。
OPS(出塁率+長打率)も
600台です。
このままなら、今オフでの 解雇は濃厚でしょう。


堂林<今季26歳・外野手>

3番レフトで出場。
今年は一軍帯同が
多かったのですが、
先日初めて二軍に
落とされました。

3安打の活躍で、 二軍ではやはり格上の 存在です。

この細い体でも スイングは力強いので、 二軍のストレートなら、 簡単に粉砕します。
最初の安打はインコースを
強引に引っ張って無理やり
レフトに持って行きました。
また、三塁打も甘く入った
球を外野の奥へ飛ばしました。

しかし、それ以上に値打ちを 感じたのが、最終打席に、 右腕サイドのベテランの 比嘉のスライダーを ヒットにしたこと。
変化球に弱いだけに、
これは良い印象でした。

一軍では変化球に弱く、 どうしても三振率が25%にも達する等 厳しくなります。
せっかく二軍に降りたので、
しばらく変化球打ちに
徹するといいでしょう。

少なくともストレートには
負けないものを
持っているので、
楽な二軍にいるうちに、 変化球を少しでも克服し、 一軍に復帰してほしいです。


広島東洋カープ ハイクオリティユニフォーム(ホーム) 7 堂林翔太


広島東洋カープ ハイクオリティユニフォーム(ビジター) 7 堂林翔太


広島東洋カープ ガチャ 赤ヘル ストラップ #7 堂林


広島カープ 堂林翔太 Tシャツ 0 タオル うちわ シート


広島東洋カープ 堂林翔太限定 ユニフォーム キーホルダー


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

広島ランチ交流会の真実<追加版> [イベント]

以前に上げた「広島ランチ交流会~
真実を申し上げます」
http://devi-sougou.blog.so-net.ne.jp/2017-04-15-1
を上げたところ、多くの方に
ご覧いただき、ご意見を頂きました。

しかし、その主催の大内雅司氏が
これらの投稿をみて
謝罪・反省するどころか、
逆に私に反抗する行動を取り、
明らかにモロバレの大嘘をついて、
事実を誤魔化す動画を上げる等、
厚顔無恥な態度に出たので、
今回、追加版として内容を
上げます。

まずは前回の内容をご一読願います。
「広島ランチ交流会について~真実を申し上げます 」
http://devi-sougou.blog.so-net.ne.jp/2017-04-15-1

大内氏が動画等で
声明で出していた、
数々の虚言について
ご説明申し上げます。

①「デビ中尾は単にランチ会を手伝っていただけ。
勝手に“副代表”とか名乗ってた。」

大内氏より私に「ランチ会の役員に 入ってほしい」との依頼があり、 私が引き受けたもの。 拝命した際の
動画が上がっている。
そして、何より 大内氏本人が 代表として対外に 公式発表して「人事改正で副代表にデビ中尾」と 述べており、(動画・FBで過去記事が
残っている。誰でも検索可能)
それで、「勝手に名乗った」と言い出すとは論外だ。


②「デビ中尾が1000人以上
配信しているとはいえ、
その配信で来ている実数は少ない」

それはFBなどの表面数でみているだけ。 FBで参加申し込みした人より、
申し込みせず人が多く、
私の招待やFBグループに私が上げた
内容を見てきた人を多々確認済み。
それを言い出すなら、
大内氏こそ、私の何分の一しか
招待をしておらず、
そもそも動いていない。


③自己中心、私物化

事実無根。

そもそもランチ会を
仮に自分の物にして、
何のメリットがあるのか?
(そんなことをするぐらいなら、
別のことをやった方が
よほど利益になる。)


④「私の友人をトラブルを
起こしたからと言って、
SNS上で晒した」

主催者は「参加者& 第三者ファースト」で なくてはならない。 個人で大内氏が
誰と付き合おうが
それはかまわない。
だが、暴力・金銭トラブルは
誰でもわかる違法行為であり、
しかも本人らに謝罪・反省の
意思がない以上、
再発の危険性がある
(実際に広島中で噂が上がっている)。
例え個人的関係があっても、 そのような人物は、 大事な参加者&第三者に 触れさせるわけにはいかない。


⑤会社名を上げての批判

事実無根。
責めるのは個人単位であり、
相手の仕事は関係ない。
それをあげるのは、非常識だ。
そんなことはしない。


⑥「副代表を下されたことに
文句があれば、大内氏自身に
言えば良いのに、
SNSに晒すのは卑怯な・・」

それは大内氏も同じ。 実は今回の件で、 私は一度も大内氏から、 直接連絡もなく、 突然に降格及び、 連絡を断ち切られている。 それどころか、
FBで対外向けに
「デビ中尾は問題があり、
副代表からおろしました」
SNSを使い、先に 晒す真似をしたのは、 大内氏である。

主催者で、しかもクリスマスや
大晦日も一緒に過ごした仲なのに、
重大な出来事を
直接言わない大内氏こそ、 卑怯者以外の何物でもない。

⑦理由があるとはいえ、
「ランチ会」批判を公然とするとは、
非常識な。

→①~⑥を考えれば、
当然である。
公平に見ても
「参加者・第三者ファースト」
の観点から、
こんな公然と大嘘や裏切り行為、 不義理行為を行う主催者の会に 私の関係者をはじめ、 第三者を参加させるわけにいかない。

実際に酒も出ずに、30人程度で
来ているメンバーの半分以上は常連で、
ただご飯を食べて名刺交換するだけの
会に2000円の値打ちはない。

別にこちらもこんなことを
続ける気はなく、
大内氏が反省し、謝罪と 現状復帰すれば、終了する話なのだ。

私だって、某障がい者団体との
件はすぐ謝罪表明したぐらいであり、
大内氏だって、
第三者でも検索すれば分かる
ような嘘をついていることも
もう真実は暴露されており、
謝罪したほうが早いはず。

にもかかわらず、 逆に私を貶める言動や行動を 行い、しかも自分が嘘を ついている事実には、 まったく無視を続けている。

こんな人物が主催する 「広島ランチ交流会」は 消滅した方がよい。 それが世のため、 人のためである。

(広島ランチ交流会)
URL:http://wp1.sub.jp/lunch/
FACEBOOK:https://www.facebook.com/hlunch/?ref=ts&fref=ts

javascript:;be11de6fc5a6b8cfec8153fc8718e1b1_original.jpg








福井・今井の一軍復帰はあるか?~カープ二軍戦レポート① [広島カープ]

6月9日に行われた
(対オリックス)、
カープの二軍戦レポートです。

福井<今季30歳・右投手>

この日は先発でした。
5回3失点で、内容は 9安打・3三振・無四球・ 被本塁打1と、イマイチ。
ストレートはMAX145キロで、
140キロ台前半でしたが、
ずっと苦しいピッチングでした。 失点は3回からですが、 まず立ち上がりから、不安だらけでした。

制球に不安があるタイプなのに、
無四球の結果であることから、
これは
意図的に、 ストライク中心でどんどん 行くつもりだったのでしょうが、 球が甘く入るので、このストレートを 持ってしてもバンバン打たれます。

思ったのが、左打者には
内角をガンガンついて、
これとフォークを有効に
使い、殆ど打たれなかったのに、
右打者はこれと逆。
内角はガンガン合わされて、 しかも制球が甘いので、 長打を喰らいます。
安全策を取り、外角を
投げれば、ストレートも
早さもあり安全ですが、
結局はこれで空振りを誘って、
カウントを取るしかなく、
それすらも、4~5回に なってくると、打者に踏み込まれて、 長打を許していました。
5回表も0点終わりますが、
外野に球が何度も飛んでいました。
あと、 3回表の集中打をみても、 30歳にして未だにメンタルも 課題です。

救いなのは、上記のように
無四球と左打者対策、
それとこれだけ打たれて
3失点で留めたことでしょうが、
これではお話になりません。

これで二軍ですら
防御率5点台ということで、
一軍へ帰ってくる目処は、 まったく立たなさそうです。


今井<今季30歳・右投手>

7回から3番手で登場でした。
ストレートMAXは140キロですが、 これ見せつつ、外へ逃げる スライダーで打者を抑えます。
内容は無安打で2三振と完ぺき。
6失点したこの日のカープの
投手陣では、最高でした。
この投球ができれば、一軍打者も 短いイニングなら、 簡単には打てないでしょう。 防御率も1点台前半。
普通なら、とっくに 一軍で使われているはず ですが、一軍も中継ぎが良いので 上げるのが難しいのでしょう。
それなら、トレードに
出して他の選手を
取るという選択肢もあります。



カープ坊や SPECIAL BOOK 【保冷バッグ2個付録】 (e-MOOK)


広島アスリートマガジン2017年6月号


プロ野球・二軍の謎 (幻冬舎新書)


二軍史 もう一つのプロ野球 (野球雲叢書)


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

中崎翔太~抑え投手復帰があり得るか?考えてみる。 [広島カープ]

日ハムとの接戦を制し、
3タテを喰らわしたカープ。

貯金も15になり、
全ては対阪神に
集中できる状況となってきた。

さて、今日も登板したが、
中崎が中継ぎとして 1回無失点。
総合的にも、防御率1点台に
入ってきた。

<中崎>(成績は6月7日時点)

登板数・13
投球回数・13
防御率・1.98
被安打・9
四球・6
奪三振・7
WHIH(1回あたりランナーを出した率)・1.10

とにかく力で抑えつけていた
この2年とは違い、
与四球も多く、奪三振が少ないが、
被安打は合格。
ただ、それほどの内容ではなく、 防御率1点台になるほどでないのだが・・

投球内容をみると、理由が分かる。
今年の最大の特徴は
シュートをマスターし、
多投していること。
ストレード・スライダーが 35%ずつで、シュートが20%なので、 これで投球の9割を占める。
ただ、このシュートが
未完成で、被打率300となっている。
それに対して、 ストレートやスライダーは 被打率200以下と、 近年同様に優秀である。 これが、防御率1点台の要因である。

また、左に強く、右に弱い。
右打者に被OPS867と 後ろを任せる 投手としては炎上レベル
で打たれている。
外角に投げて安全策を
取らないと危険なレベル。
逆に左打者は同327と
神レベル。
他球団の 左のセットアッパー よりも圧倒的に上で、 右投手としては、 神レベル。

以上を吟味すると、
投球内容が偏り
過ぎており、
中崎の抑え 復帰は難しそう。

とりあえず、それは来季に・・
ということで、
今年は 左打者に強い能力を 生かし、今のように 中継ぎで対左打者用に 起用した方がいいだろう。

右腕にも徐々に対応して、
今年は40登板で
防御率1点台を
実現してほしい。



日本プロ野球リリーフ投手列伝―古今東西の記憶に残る抑え投手を一挙掲載! (B・B MOOK 1156)


だから今日もブルペンに向かう


最後のストライク―津田恒美と生きた2年3カ月 (幻冬舎文庫)


最後のストライク―津田恒美と生きた2年3カ月


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

今後の各球団の監督の推移・次期監督予想~巨人の監督更迭の噂を受けて [その他の野球]

カープは日ハムに大勝。
貯金も14となり
もうこの後の成績は
5分でも優勝ラインに
入れるだろう。

さて、巨人が12連敗で
高橋監督が更迭の
噂が出ている。

そこで、これを機会に
セリーグの
各球団の次期監督を
予想してみよう。

<広島>

緒方監督は、
2年連続上位争いを
していることから、
今季は継続確実で、 あと2~3年続くだろう。

次は近年は40代での
監督が続いているので、
前田智や佐々岡等が 有力と思われる。


<巨人>

高橋監督は、今のままなら 今シーズン中にも休養を 命じられるだろう。
少なくとも
今オフで監督交代は確実。

二軍監督の斎藤雅が 本命か?二軍は毎年好調なので、
最有力は間違いない。
他には、江川等。


<横浜>

ラミレス監督は2年目だが、
外人監督なので、
成績低下すると、
簡単に切られそうな気がする。
今季すら5位以下なら、 危ない気がする。 来年の3年目が一つの めどだろう。

外様監督が相次いだので、
そろそろ自前の監督と
予想する。
ただ、球団が変わっており、
以前の大洋・TBS時代の
色の選手が排除される
傾向があるので、
DENA時代に引退した三浦が 筆頭だと思う。 内部昇格なら青山氏を 上げる。


<阪神>

金本監督は2年目で、
今季も阪神好調だし、
この強さは続きそうなので、
数年監督として続きそう。

その後は、掛布監督か、 もしくは矢野コーチが 監督に昇格の可能性も あり。


<ヤクルト>

真中監督は3年目で、
今年も下位低迷となると、
そろそろ今オフで、 監督交代も避けられない。

宮本監督がいよいよ 誕生か? 二軍監督の高津も 視野に入る。


<中日>

森監督はやや高齢でも
あるし、あまり長期は
やらないと思う。
成績低迷すれば、
早ければ来年でも 交代はありうる。

小笠原二軍監督か、 純然たる生え抜きとしては、 山本昌が候補か?。



実況! 空想野球研究所 もしも織田信長がプロ野球の監督だったら (集英社みらい文庫)


野村克也 野球論集成


金本・阪神 猛虎復活の処方箋 (宝島社新書)


野球メンタル強化メソッド 思考の違いが勝負の分かれ道になる! (PERFECT LESSON BOOK)


監督の問題


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

新井~球界最年長選手になれるか?なれるとしたらいつか?予想してみる。 [広島カープ]

昨日は日ハムとの接戦に
勝利した。

新井も本塁打を打ち勝利に
貢献した。
<新井>

学年年齢・41歳
試合数・45試合(チーム内で7位)
打席数・149打席(同)
OPS・842(中軸打者クラスの成績)
得点圏打率・306
打点・23
盗塁・2

41歳で、未だにチームでレギュラー級の
出場試合・打席数を誇り、
OPSは中軸を打たせても
遜色なく、しかも盗塁も決めるとは、
凄いとしか言いようがない。

新井の成績を 支えるのは、 やはり超人的なパワーである。

ストレート・カットボール・
シュートなど、
直球に近い 球や変化球は、いずれも 打率350以上である。
逆にスライダーやチェンジアップは
打率200を切っており、
いずれもそれ以下。
制球や緩急には苦戦している。
特に外角の打率も
相変わらず200以下なので、
外に逃げるスライダーには
若い頃から克服できていない。

それらのマイナスを 若手にも負けない パワーで 補ってここまで来ている。

現在の現役選手で、
新井と同学年、
もしくは年齢が上なのは
新井を含めても、
あと6人だけになった

<(学年年齢)43歳>岩瀬(中日)・井口(ロッテ)
<同42歳>松井稼(楽天)・福浦(ロッテ)
<同41歳>相川(巨人)・新井(広島)

この6人の最近3年間の成績は、 新井がダントツ。しかも、 井口以外は今年か来年で、 ほぼ引退やむなしの状況となっている。

その井口も打撃は3年連続
OPS700台と何とか打撃能力は
維持しているが、
打席数は減少で、 今年も2年連続となる 200打席以下に落ち込むのは 濃厚となっている。

逆に 新井は、直近3年連続で 300打席以上達成が濃厚で、 しかも未だにOPS800以上と、 中軸打者級の成績を残せる。
すでに井口の41歳時点の
成績(年間250打席OPS726)を
遥かに超えるペースである。

おそらく、井口が引退した 時点で、新井は球界 最年長選手になるだろう。

そして、先輩の前田智
(引退時42歳)は
もちろん、金本(同44歳)を
更新し、カープ出身野手の
最年長現役記録を
更新してほしい。



撓まず 屈せず 挫折を力に変える方程式


新井貴浩物語


カープはもっと強くなる (ワニブックスPLUS新書)


広島アスリートマガジン2017年5月号 広島を愛し、広島に愛された男たちの物語 空前絶後の最強外国人


広島アスリートマガジン2017年6月号


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ドラフト1位は誰か?~広島カープ・ドラフト2017大予想(後篇)  [広島カープ]

【前回より】

では、今回はカープの
予想に入る。


⑥予想の全体像

<1位>安田(履正社高)
<2~3位>高校生投手(左腕)&高校生野手(外野手)
<4~5位>大学生社会人投手(左腕)&大学生社会人投手(右腕)
<6~7位>大学生社会人投手(右腕)&大学生社会人野手(外野手)


⑦全体戦略

戦略としては、
2年連続で2位以内が
濃厚と、セリーグでも
上位球団入りということで、
現状の戦力には 自信がある。

そして、今年は大学・
社会人の即戦力組が
上位候補は不作。
なので、2位指名が かなり後半となると、 それまでに大学社会人の 即戦力になる選手は 残らないだろう。

そして、
来季以降から 始まる複数の主力選手が 一斉にFA獲得をする恐怖
(参考:<18年>丸・松山
<19年>菊池・会澤・岩本・
今村・野村・福井
<20年>田中・エルドレッド・堂林
<21年>安部・大瀬良・九里・
一岡・中田・小野・中崎・今井)に、 備える必要がある。

そこで、今年は即戦力となる
大学生社会人は、上位での
指名は諦め、代わりに
高校生を上位で一気に3人取り、
将来の主力をガッツリ確保。
4位以下は大学社会人で
中継ぎ等のサポート選手を
取りに行き、
将来に備える ドラフトに割り切ると いいだろう。


⑦清宮はどうする?

今年最大の目玉の
清宮(早実)については、
確かに超弩級の選手では
あるのは認めるが、
だが、一塁しかできないため、
どうしても外人助っ人と被ることと、
野手育成力の高いカープなら、
それなりの選手は
生みだせるはずなので、
私はスルーでいいと思う。


⑧1位指名は誰か?

代わりに清宮の最大の ライバルの安田を1位に 上げる。
競合相手は、T-岡田の
後継狙いで、オリックスだと
思う。だが、それさえなければ
単独1位指名も可能であろう。
現在の実力は、 高校時代の筒香(横浜)と イーブン。 左打者なのと、 三塁を守れることが大きい。
安部も28歳だし、
安部も西川も本来は
二遊なので、もし菊池らが
FA退団したら、そっちへ廻って
もらえばいい。
その頃には安田なら一軍に
顔だしできる。
他にも美間や青木もいるが、
伸び悩んでいるし、いざとなれば
安田本人や安部・西川も含め、
外野に転向という手もある。


⑨2位以下は?

2位以下はイメージで述べる。
2~3位で、丸の後継者となる
長距離打者の高校生の獲得。
あとは、高校生の将来の 先発左腕を確保しておこう。

4~5位
2年目ぐらいから 一軍に入れる大学社会人の 左腕の中継ぎ確保と、
すぐに中継ぎで行ける右腕の確保。 中継ぎ右腕ならこの順位でも
大丈夫だろう。

6~7位でも
まずは右腕で2年目から 一軍の中継ぎで行ける投手を 確保し、もう一人は
松山の後継として、
左打ちの外野手要員の確保を。 こちらも3年目には一軍に 入れるような存在を獲得しよう。



Number(ナンバー)923号 怪物たちのセンバツ。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))


野球太郎No.022 プロ野球選手名鑑+ドラフト候補選手名鑑2017 (廣済堂ベストムック 355)


プロ野球ドラフト「黄金世代」読本 ファンを熱狂させた「8つの世代」 (文庫ぎんが堂)


アマチュア・ベースボールオフィシャルガイド’17 グランドスラム49 (小学館スポーツスペシャル)


アマチュア野球vol.42 (NIKKAN SPORTS GRAPH)


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

最大の注目のあの選手の実力・価値は?~広島カープ・ドラフト2017大予想(前篇) [ドラフト会議]

さて、交流戦も今日から
中盤戦に入る。
その前にそろそろ、
ドラフトに一度触れておく。

①ドラフト制度ついて

先にドラフト制度に
ついて述べると、
1位は12球団同時に
指名し、重複の場合は
抽選。
その抽選を外した
球団はまだ指名されて
いない選手を指名する。
逆に2位からは、下位球団
(セパの優先は交流戦の
結果で決まる)から順番に
指名していき、3位は
この逆になる。4位以降の
偶数順位は2位と同じ方式。
5位以降の奇数順位は
3位と同じ方式になる。

カープは今年も2位以上は 濃厚。そうなると、 2位・4位・6位指名は、 12球団で最後が近い方になる。
つまり、例えば2位指名と
近いのは1位より3位の方と
なるわけだから、 連結して 考える場合は、2位・3位、 4・5位と分けたほうがいい。
(ちなみに優勝した昨年は
2位以下の偶数指名は
12球団中最後。逆に
3位以上の奇数指名は
一番最初だった)


②ドラフト前に考慮すべきこと

まず、今年のドラフト前に
考慮すべきことがある。
バティスタに続いて、
育成枠のメヒアと木村が 二軍で好成績を出しており、 今季オフには 支配下に昇格するのは 間違いないだろう。

さらに、今年も2年連続で
2位以内がほぼ確定的で、
すっかりセリーグでも
上位球団となった。
それを考えると、
目先にはとらわれず、 大きな目での 将来戦略が求められる。


③今年のドラフト市場

全体的に見ると・・

<高校生投手>
1位指名候補は不在。2~3位は悪くなく、4位以下は豊富。

<高校生野手>
1位候補が4人いる。こんな年は珍しい。2~3位も悪くなく、4位以下は例年並み。

<大学生投手>
1位指名候補は不在。2~3位も手薄で、4位以下は例年並み

<大学生野手>
1位指名候補は不在。2~3位も不作で、4位以下も手薄。

<社会人投手>
1位指名候補は2人いる。2~3位も例年並みで、4位以下も豊富。

<社会人野手>
1位指名校は不在。2~3位も不作で、4位以下も手薄

まとめると、「高校生野手」 「社会人投手」が豊作であると いうことになる。
特に戦力になるのに、
時間がかかる
高校生野手は、
1位では指名され
にくいので、
4人も「1位指名級が
いる」というのは、
珍しい。
高校生投手も悪くないが、
他は寂しい感じ。
(社会人野手はいつも
こんなものだが)


④清宮について

まず、今年最大の目玉の
清宮(早実)については、
確かに超弩級の選手では
あるのは認める。
おそらく、一軍でも6番打者なら 今すぐいけるだろう。 10年に一人の打者であり、 他のドラフト1位候補とは、 少なくとも3枚以上は 上の価値がある。
だが、一塁しかできないのと、
後述の内容から、
個人的には6球団程度の 抽選だと思う。 (もし、外野手でもう少し
全体が豊作なら
8~9球団以上もあったかも)


⑤考えられる展開

昨年は外れ外れ1位
候補でも、加藤(当時は慶大)が
残る等、広島としてはラッキーかつ、
球界としても豊作のドラフトだったが、
今年はそうでもない。 1位で清宮を外すと、 2位クラスの選手まで、 落として指名せざるを得ず、 各球団とも悩みそう。

例えば、投手陣崩壊の
ロッテなどは、即戦力になる
投手に走り、清宮の
指名はないだろう。

また、2位以下も
高校生は豊富だが、
大学・社会人が大したことが
ないので、中日や
ヤクルトなど、
下位球団に沈むチームは、
即戦力が少ない中、
どうするか注目である。

では次回は、カープの
指名予想を具体的に予想する。

【次回に続く】
(下記からどうぞ)
http://devi-sougou.blog.so-net.ne.jp/2017-06-06


別冊野球太郎 2017春 ドラフト候補大特集号(廣済堂ベストムック 357)


期待はずれのドラフト1位――逆境からのそれぞれのリベンジ (岩波ジュニア新書)


野球太郎No.023 2017夏の高校野球&ドラフト特集号(廣済堂ベストムック 361)


野球太郎No.022 プロ野球選手名鑑+ドラフト候補選手名鑑2017 (廣済堂ベストムック 355)


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

バティスタ~6年契約は大正解。すでに技量は・・?。そしてベーニャは・・? [広島カープ]

バティスタが本塁打を打ち、
本日はロッテに勝利した。

順序は逆になるが、
そのバティスタが支配下登録を 勝ち取り、しかも6年契約という 異例の長期契約だった。

私のバティスタへの評価は下記のとおり
「二軍野手で今季上昇予感の選手発見!
~広島カープ対社会人オール広島戦
レポート(野手編その1)」
http://devi-sougou.blog.so-net.ne.jp/2017-03-07-2

「この育成枠3選手、支配下登録が
確実&有力~二軍報告書<野手編3>」
http://devi-sougou.blog.so-net.ne.jp/2017-05-01-1

これらをご覧いただくと
お分かり頂けるように、
私は開幕前からバティスタの評価は高く、
支配下登録は確実、
ロサリオの1年目クラスの活躍を
予想していた。

二軍での3冠王争いをしており、
私の予想どおりに
支配下は楽勝で確実。
あとはエルやベーニャとの
調整だけだった。

技量はもうエルやロサリオ1年目と 互角といっていい。
二軍のOPS11割と破格なので
一軍でも中軸打者ぐらいの活躍は
普通に見込める。

ヤクルト・バレンティンを
リスペクトしているようだが、
球界におけるその後継者にピッタリ。
充分に有資格者である。
ついでに横浜のラミレス監督のように
FA権取得するまで
長期で日本にて活躍し、
余計なことも言うと、
日本人女性と結婚して(笑)
日本に永住してほしいぐらいだ

これだけの打者で25歳。 そんな選手と6年契約を 組めたのはデカイ。 これはフロントが グッドジョブだった。

・・・となると、ベーニャは これで見切り付けられる 運命だろう。 22試合39打席で
OPS500は一軍半にすら 到達しない成績。 しかも三振10は打席数の
25%、そして四球も2と同5%と、
完全に技量も追いついておらず、
もう無理といっていいだろう。
二軍で立て直すにしても、
今後ジョンソンが帰ってきて、
ジャクソンらの投手や、
エル・バティスタに勝てるとは
思えない。

バティスタの話に戻すと、 あとは経験だけ。
一軍のスピードに慣れるのは
時間がある程度かかる
可能性はある。
少しスランプの時期が
あるかもしれないが、
それを乗り越えて、
好成績を期待している。







広島カープ助っ人外国人列伝―ホプキンスからジョンソンまで赤ヘル外国人選手が全員 (B・B MOOK 1213)


日本プロ野球外国人選手列伝―1934ー2014プロ野球80周年企画 (B・B MOOK 1027)


プロ野球 もうひとつの攻防 「選手vsフロント」の現場 (角川SSC新書)


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ