So-net無料ブログ作成
検索選択

堂林・ペーニャ・下水流の二軍転落後、未来は如何に?~カープ二軍戦レポート② [広島カープ]

6月9日(金)にマツスタでの
対オリックスとの
二軍の試合を観戦しましたので、
そのレポートです。

今回は野手編です。

下水流<今季30歳・外野手>

長い間、二軍で下積みが
続きましたが、昨年は
プチブレイクでした。
しかし、今年は一軍だけでなく、
二軍でも不振です。

1番・ライトで出場でした。 本塁打の他、2安打と、 満点の内容でした。
感じたのが、
甘い球を打つのが
うまいです。

ただ、比嘉(オリで
一軍通算200登板)など
レベルの高い
投手に当たると、
すぐに打てなくなります。
その辺がやはり課題でしょう。

今のままでは苦しいですが、 天谷のように、甘い球を しっかり攻略を続ければ、 一軍半で生き残れる チャンスはあると思います。


ペーニヤ<今季32歳・三塁>

2番で出場。
一軍では不振で、バティスタと
入れ替えになりました。
打席は3度ありまして、 ショートゴロ、ヒット、投手ゴロでした。
先発の山崎福の
明らかにボールの
スライダーをひっかけたり、
塚田のスライダーには
手も足も出ない等、
変化球に翻弄されていたのが 気になりました。

パワーも外人としては
それほどと思いませんが、
変化球は対応できていないのは 間違いなさそうです。
既に二軍すら打者として
成績を残すには
最低ラインである、
三振率20%前後にいます。
OPS(出塁率+長打率)も
600台です。
このままなら、今オフでの 解雇は濃厚でしょう。


堂林<今季26歳・外野手>

3番レフトで出場。
今年は一軍帯同が
多かったのですが、
先日初めて二軍に
落とされました。

3安打の活躍で、 二軍ではやはり格上の 存在です。

この細い体でも スイングは力強いので、 二軍のストレートなら、 簡単に粉砕します。
最初の安打はインコースを
強引に引っ張って無理やり
レフトに持って行きました。
また、三塁打も甘く入った
球を外野の奥へ飛ばしました。

しかし、それ以上に値打ちを 感じたのが、最終打席に、 右腕サイドのベテランの 比嘉のスライダーを ヒットにしたこと。
変化球に弱いだけに、
これは良い印象でした。

一軍では変化球に弱く、 どうしても三振率が25%にも達する等 厳しくなります。
せっかく二軍に降りたので、
しばらく変化球打ちに
徹するといいでしょう。

少なくともストレートには
負けないものを
持っているので、
楽な二軍にいるうちに、 変化球を少しでも克服し、 一軍に復帰してほしいです。


広島東洋カープ ハイクオリティユニフォーム(ホーム) 7 堂林翔太


広島東洋カープ ハイクオリティユニフォーム(ビジター) 7 堂林翔太


広島東洋カープ ガチャ 赤ヘル ストラップ #7 堂林


広島カープ 堂林翔太 Tシャツ 0 タオル うちわ シート


広島東洋カープ 堂林翔太限定 ユニフォーム キーホルダー


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

福井・今井の一軍復帰はあるか?~カープ二軍戦レポート① [広島カープ]

6月9日に行われた
(対オリックス)、
カープの二軍戦レポートです。

福井<今季30歳・右投手>

この日は先発でした。
5回3失点で、内容は 9安打・3三振・無四球・ 被本塁打1と、イマイチ。
ストレートはMAX145キロで、
140キロ台前半でしたが、
ずっと苦しいピッチングでした。 失点は3回からですが、 まず立ち上がりから、不安だらけでした。

制球に不安があるタイプなのに、
無四球の結果であることから、
これは
意図的に、 ストライク中心でどんどん 行くつもりだったのでしょうが、 球が甘く入るので、このストレートを 持ってしてもバンバン打たれます。

思ったのが、左打者には
内角をガンガンついて、
これとフォークを有効に
使い、殆ど打たれなかったのに、
右打者はこれと逆。
内角はガンガン合わされて、 しかも制球が甘いので、 長打を喰らいます。
安全策を取り、外角を
投げれば、ストレートも
早さもあり安全ですが、
結局はこれで空振りを誘って、
カウントを取るしかなく、
それすらも、4~5回に なってくると、打者に踏み込まれて、 長打を許していました。
5回表も0点終わりますが、
外野に球が何度も飛んでいました。
あと、 3回表の集中打をみても、 30歳にして未だにメンタルも 課題です。

救いなのは、上記のように
無四球と左打者対策、
それとこれだけ打たれて
3失点で留めたことでしょうが、
これではお話になりません。

これで二軍ですら
防御率5点台ということで、
一軍へ帰ってくる目処は、 まったく立たなさそうです。


今井<今季30歳・右投手>

7回から3番手で登場でした。
ストレートMAXは140キロですが、 これ見せつつ、外へ逃げる スライダーで打者を抑えます。
内容は無安打で2三振と完ぺき。
6失点したこの日のカープの
投手陣では、最高でした。
この投球ができれば、一軍打者も 短いイニングなら、 簡単には打てないでしょう。 防御率も1点台前半。
普通なら、とっくに 一軍で使われているはず ですが、一軍も中継ぎが良いので 上げるのが難しいのでしょう。
それなら、トレードに
出して他の選手を
取るという選択肢もあります。



カープ坊や SPECIAL BOOK 【保冷バッグ2個付録】 (e-MOOK)


広島アスリートマガジン2017年6月号


プロ野球・二軍の謎 (幻冬舎新書)


二軍史 もう一つのプロ野球 (野球雲叢書)


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

中崎翔太~抑え投手復帰があり得るか?考えてみる。 [広島カープ]

日ハムとの接戦を制し、
3タテを喰らわしたカープ。

貯金も15になり、
全ては対阪神に
集中できる状況となってきた。

さて、今日も登板したが、
中崎が中継ぎとして 1回無失点。
総合的にも、防御率1点台に
入ってきた。

<中崎>(成績は6月7日時点)

登板数・13
投球回数・13
防御率・1.98
被安打・9
四球・6
奪三振・7
WHIH(1回あたりランナーを出した率)・1.10

とにかく力で抑えつけていた
この2年とは違い、
与四球も多く、奪三振が少ないが、
被安打は合格。
ただ、それほどの内容ではなく、 防御率1点台になるほどでないのだが・・

投球内容をみると、理由が分かる。
今年の最大の特徴は
シュートをマスターし、
多投していること。
ストレード・スライダーが 35%ずつで、シュートが20%なので、 これで投球の9割を占める。
ただ、このシュートが
未完成で、被打率300となっている。
それに対して、 ストレートやスライダーは 被打率200以下と、 近年同様に優秀である。 これが、防御率1点台の要因である。

また、左に強く、右に弱い。
右打者に被OPS867と 後ろを任せる 投手としては炎上レベル
で打たれている。
外角に投げて安全策を
取らないと危険なレベル。
逆に左打者は同327と
神レベル。
他球団の 左のセットアッパー よりも圧倒的に上で、 右投手としては、 神レベル。

以上を吟味すると、
投球内容が偏り
過ぎており、
中崎の抑え 復帰は難しそう。

とりあえず、それは来季に・・
ということで、
今年は 左打者に強い能力を 生かし、今のように 中継ぎで対左打者用に 起用した方がいいだろう。

右腕にも徐々に対応して、
今年は40登板で
防御率1点台を
実現してほしい。



日本プロ野球リリーフ投手列伝―古今東西の記憶に残る抑え投手を一挙掲載! (B・B MOOK 1156)


だから今日もブルペンに向かう


最後のストライク―津田恒美と生きた2年3カ月 (幻冬舎文庫)


最後のストライク―津田恒美と生きた2年3カ月


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

新井~球界最年長選手になれるか?なれるとしたらいつか?予想してみる。 [広島カープ]

昨日は日ハムとの接戦に
勝利した。

新井も本塁打を打ち勝利に
貢献した。
<新井>

学年年齢・41歳
試合数・45試合(チーム内で7位)
打席数・149打席(同)
OPS・842(中軸打者クラスの成績)
得点圏打率・306
打点・23
盗塁・2

41歳で、未だにチームでレギュラー級の
出場試合・打席数を誇り、
OPSは中軸を打たせても
遜色なく、しかも盗塁も決めるとは、
凄いとしか言いようがない。

新井の成績を 支えるのは、 やはり超人的なパワーである。

ストレート・カットボール・
シュートなど、
直球に近い 球や変化球は、いずれも 打率350以上である。
逆にスライダーやチェンジアップは
打率200を切っており、
いずれもそれ以下。
制球や緩急には苦戦している。
特に外角の打率も
相変わらず200以下なので、
外に逃げるスライダーには
若い頃から克服できていない。

それらのマイナスを 若手にも負けない パワーで 補ってここまで来ている。

現在の現役選手で、
新井と同学年、
もしくは年齢が上なのは
新井を含めても、
あと6人だけになった

<(学年年齢)43歳>岩瀬(中日)・井口(ロッテ)
<同42歳>松井稼(楽天)・福浦(ロッテ)
<同41歳>相川(巨人)・新井(広島)

この6人の最近3年間の成績は、 新井がダントツ。しかも、 井口以外は今年か来年で、 ほぼ引退やむなしの状況となっている。

その井口も打撃は3年連続
OPS700台と何とか打撃能力は
維持しているが、
打席数は減少で、 今年も2年連続となる 200打席以下に落ち込むのは 濃厚となっている。

逆に 新井は、直近3年連続で 300打席以上達成が濃厚で、 しかも未だにOPS800以上と、 中軸打者級の成績を残せる。
すでに井口の41歳時点の
成績(年間250打席OPS726)を
遥かに超えるペースである。

おそらく、井口が引退した 時点で、新井は球界 最年長選手になるだろう。

そして、先輩の前田智
(引退時42歳)は
もちろん、金本(同44歳)を
更新し、カープ出身野手の
最年長現役記録を
更新してほしい。



撓まず 屈せず 挫折を力に変える方程式


新井貴浩物語


カープはもっと強くなる (ワニブックスPLUS新書)


広島アスリートマガジン2017年5月号 広島を愛し、広島に愛された男たちの物語 空前絶後の最強外国人


広島アスリートマガジン2017年6月号


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ドラフト1位は誰か?~広島カープ・ドラフト2017大予想(後篇)  [広島カープ]

【前回より】

では、今回はカープの
予想に入る。


⑥予想の全体像

<1位>安田(履正社高)
<2~3位>高校生投手(左腕)&高校生野手(外野手)
<4~5位>大学生社会人投手(左腕)&大学生社会人投手(右腕)
<6~7位>大学生社会人投手(右腕)&大学生社会人野手(外野手)


⑦全体戦略

戦略としては、
2年連続で2位以内が
濃厚と、セリーグでも
上位球団入りということで、
現状の戦力には 自信がある。

そして、今年は大学・
社会人の即戦力組が
上位候補は不作。
なので、2位指名が かなり後半となると、 それまでに大学社会人の 即戦力になる選手は 残らないだろう。

そして、
来季以降から 始まる複数の主力選手が 一斉にFA獲得をする恐怖
(参考:<18年>丸・松山
<19年>菊池・会澤・岩本・
今村・野村・福井
<20年>田中・エルドレッド・堂林
<21年>安部・大瀬良・九里・
一岡・中田・小野・中崎・今井)に、 備える必要がある。

そこで、今年は即戦力となる
大学生社会人は、上位での
指名は諦め、代わりに
高校生を上位で一気に3人取り、
将来の主力をガッツリ確保。
4位以下は大学社会人で
中継ぎ等のサポート選手を
取りに行き、
将来に備える ドラフトに割り切ると いいだろう。


⑦清宮はどうする?

今年最大の目玉の
清宮(早実)については、
確かに超弩級の選手では
あるのは認めるが、
だが、一塁しかできないため、
どうしても外人助っ人と被ることと、
野手育成力の高いカープなら、
それなりの選手は
生みだせるはずなので、
私はスルーでいいと思う。


⑧1位指名は誰か?

代わりに清宮の最大の ライバルの安田を1位に 上げる。
競合相手は、T-岡田の
後継狙いで、オリックスだと
思う。だが、それさえなければ
単独1位指名も可能であろう。
現在の実力は、 高校時代の筒香(横浜)と イーブン。 左打者なのと、 三塁を守れることが大きい。
安部も28歳だし、
安部も西川も本来は
二遊なので、もし菊池らが
FA退団したら、そっちへ廻って
もらえばいい。
その頃には安田なら一軍に
顔だしできる。
他にも美間や青木もいるが、
伸び悩んでいるし、いざとなれば
安田本人や安部・西川も含め、
外野に転向という手もある。


⑨2位以下は?

2位以下はイメージで述べる。
2~3位で、丸の後継者となる
長距離打者の高校生の獲得。
あとは、高校生の将来の 先発左腕を確保しておこう。

4~5位
2年目ぐらいから 一軍に入れる大学社会人の 左腕の中継ぎ確保と、
すぐに中継ぎで行ける右腕の確保。 中継ぎ右腕ならこの順位でも
大丈夫だろう。

6~7位でも
まずは右腕で2年目から 一軍の中継ぎで行ける投手を 確保し、もう一人は
松山の後継として、
左打ちの外野手要員の確保を。 こちらも3年目には一軍に 入れるような存在を獲得しよう。



Number(ナンバー)923号 怪物たちのセンバツ。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))


野球太郎No.022 プロ野球選手名鑑+ドラフト候補選手名鑑2017 (廣済堂ベストムック 355)


プロ野球ドラフト「黄金世代」読本 ファンを熱狂させた「8つの世代」 (文庫ぎんが堂)


アマチュア・ベースボールオフィシャルガイド’17 グランドスラム49 (小学館スポーツスペシャル)


アマチュア野球vol.42 (NIKKAN SPORTS GRAPH)


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

バティスタ~6年契約は大正解。すでに技量は・・?。そしてベーニャは・・? [広島カープ]

バティスタが本塁打を打ち、
本日はロッテに勝利した。

順序は逆になるが、
そのバティスタが支配下登録を 勝ち取り、しかも6年契約という 異例の長期契約だった。

私のバティスタへの評価は下記のとおり
「二軍野手で今季上昇予感の選手発見!
~広島カープ対社会人オール広島戦
レポート(野手編その1)」
http://devi-sougou.blog.so-net.ne.jp/2017-03-07-2

「この育成枠3選手、支配下登録が
確実&有力~二軍報告書<野手編3>」
http://devi-sougou.blog.so-net.ne.jp/2017-05-01-1

これらをご覧いただくと
お分かり頂けるように、
私は開幕前からバティスタの評価は高く、
支配下登録は確実、
ロサリオの1年目クラスの活躍を
予想していた。

二軍での3冠王争いをしており、
私の予想どおりに
支配下は楽勝で確実。
あとはエルやベーニャとの
調整だけだった。

技量はもうエルやロサリオ1年目と 互角といっていい。
二軍のOPS11割と破格なので
一軍でも中軸打者ぐらいの活躍は
普通に見込める。

ヤクルト・バレンティンを
リスペクトしているようだが、
球界におけるその後継者にピッタリ。
充分に有資格者である。
ついでに横浜のラミレス監督のように
FA権取得するまで
長期で日本にて活躍し、
余計なことも言うと、
日本人女性と結婚して(笑)
日本に永住してほしいぐらいだ

これだけの打者で25歳。 そんな選手と6年契約を 組めたのはデカイ。 これはフロントが グッドジョブだった。

・・・となると、ベーニャは これで見切り付けられる 運命だろう。 22試合39打席で
OPS500は一軍半にすら 到達しない成績。 しかも三振10は打席数の
25%、そして四球も2と同5%と、
完全に技量も追いついておらず、
もう無理といっていいだろう。
二軍で立て直すにしても、
今後ジョンソンが帰ってきて、
ジャクソンらの投手や、
エル・バティスタに勝てるとは
思えない。

バティスタの話に戻すと、 あとは経験だけ。
一軍のスピードに慣れるのは
時間がある程度かかる
可能性はある。
少しスランプの時期が
あるかもしれないが、
それを乗り越えて、
好成績を期待している。







広島カープ助っ人外国人列伝―ホプキンスからジョンソンまで赤ヘル外国人選手が全員 (B・B MOOK 1213)


日本プロ野球外国人選手列伝―1934ー2014プロ野球80周年企画 (B・B MOOK 1027)


プロ野球 もうひとつの攻防 「選手vsフロント」の現場 (角川SSC新書)


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

会澤が正捕手を取れない理由は何なんだろう? [広島カープ]

今日もカープは大勝。
西武に連勝し7連勝。
3位以下のチームとは
7ゲーム差がついたので
これでほぼ阪神との一騎打ちは
確定となった。

今日は会澤が本塁打。
そして大瀬良もよくやった。

今年のカープの捕手陣は、
一軍は石原と会澤の二頭体制である。

<会澤>今季29歳

試合数・37
打席・109
打撃OPS・691
失策・2
盗塁阻止率・175

<石原>今季38歳

試合数・35
打席・83
打撃OPS・680
失策・1
盗塁阻止率175

お互い捕逸(パスボール)は
ここまでゼロ。
試合数も打席数もほぼイーブンで、
打撃は捕手でOPS(出塁率+長打率)680なら、
普通の野手なら中軸打者クラスの
OPS800以上に匹敵する。
つまり、打撃は優秀といえる。
代わりに盗塁阻止率が低すぎ。
正捕手としては、
二人ともリーグ最下位である。

・・しかし、同じ内容なら、
もっと会澤を使えばいいと思うのだが。
29歳の会澤と38歳の
石原では将来に差がある。
にもかかわらず、石原が
起用されるのは、やはりリードで
あろう。

会澤は、通算成績でも、
盗塁阻止率317、通算打撃OPS681と
殆どの内容で石原を上回る。
課題のキャッチングも、今年は今のところ
捕逸なしといいだけに、
あとは肩とリードが課題か?。
なんとか、盗塁阻止率を
300まで上げてほしい。
もっと早く送球作業に
入れば、肩が弱くても
何とかなるはずだ。

今年、石原を抜けないと、
来年は30歳となり、
船越と磯村が二軍でMAXの
成績を出しており、
そちらの抜擢が優先されるで
あろう。

そのためにも、せめて
盗塁阻止だけでも、
上げてほしい。



捕手異論 一流と二流をわける、プロの野球『眼』


彼女が捕手になった理由 (一迅社文庫)


野球技術 捕手編


キャッチャーの科学 (洋泉社MOOK)


シンプル・キャッチャーズ・シンキング: 平均点の男が一流になれた秘訣


基本から応用まで身につく! キャッチャー 最強バイブル (コツがわかる本!)


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

永川・江草・梵・赤松・天谷②~もう今季の3分の1が終わったのだが、未だ・・ [広島カープ]

カープは6連勝して、早くも30勝到達。
50試合消化・残り94試合なので、
あと50勝44敗勝率53%で辿りつく。
つまり、あと6カード分勝ち越せばよい。
残り5割でいけば、秋頃に
ヤクルト・中日がAクラス圏外に
なったら、今季を諦めて
若手に切り替えを図るはずなので、
それぞれ3カードすつ勝ち越せばよいので、
充分喰えるであろう。

さて、カープで一時代を築いた
永川・江草・梵・赤松・天谷が
引退の危機が迫っていることを
先日述べた。
その後は、全日程の3分の1を消化した時点で、

<永川> (一軍)なし (二軍)20試合20回・防御率4.84

現在の二軍で、右投手で永川より成績が悪いのは、 若手の藤井ぐらいとなっている。


<江草> (一軍)なし (二軍)17試合14回・防御率7.36


現在の二軍の左腕でワーストの成績である。 14回で被安打22は中継ぎとしても論外。
もはや打たれた止まらなくなっている。


<梵> (一軍)なし (二軍)・16試合28打席・OPS642・盗塁0

怪我から脱して、最近は出場しているが、
OPS642は二軍の内野でも、守備走塁型が衰えた 梵では、レギュラーになれない成績である。

<赤松> (一軍)なし (二軍)・なし

語るまでもない。回復を待つしかないだろう。

<天谷> (一軍)・24試合25打席・OPS336・盗塁0 (二軍)・7試合8打席・OPS929・盗塁4

この中では最も希望がある。 ただ、二軍での出場が少なすぎて 成績は良いがこれを鵜呑みにして よいか不透明だ。

残り3分の2でどこまで盛り返せるか?期待したい。



カープ坊や SPECIAL BOOK 【保冷バッグ2個付録】 (e-MOOK)


カープ坊や マルチに使えるショルダーバッグBOOK (バラエティ)


カープはもっと強くなる (ワニブックスPLUS新書)


カープ坊や リュックサックBOOK (バラエティ)


球団承認 Carp SPIRITS 2017 (タツミムック)


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

福井~徹底的に悪い理由を出しつくし、期待論はウソであることを証明してみる。 [広島カープ]

先日、福井が中日にKOされて、
結果としてカープが最下位球団に
3連敗を喫した。

実は私は以前より、
福井に対する評価が低い。
先発とはいえ、もう30歳なのに 通算防御率も統一級の 恩恵を受けた世代であるにも関わらず、 4.24と悪い。
おかげで、黒田引退で投手不足が
予想されたのに昨年は
トレード候補に上げたぐらいだ。
今年3月に私が観戦した二軍戦でも、
実力的に冴えなかったし、
実際に今年は二軍でも防御率4点台である。

しかし、カープの首脳陣やファンには、
未だに福井に期待する声があり、
客観的に見ても上記の有様なのに、
必要以上にチャンスを与えられ過ぎているし、 多くの人が未だに先発で まだいけると思っている。

そこで、「KOされてさらに
そんな事をするとは、可哀そうすぎる」と
思われそうだが、
福井に一度、徹底的に 悪い理由を叩きだしてみよう。
<福井・一軍>

3試合・18回
防御率・6.00
奪三振・11(奪三振率5.50)
四死球・8
被安打・22
被本塁打・1
被出塁率・375
被長打率・460

<同・二軍>

5試合・22回
防御率・4.50
奪三振・17
四死球・11
被安打・22
被本塁打・1

一軍では防御率をはじめ、 ほぼ全分野で話にならず。
二軍でも、三振こそ多いが、 四球が明らかに多過ぎで、 被安打も少なくない。
決め球や速球はともかく、
明らかに制球が課題であり、
二軍ですらこの成績なのに、 一軍で先発で使う理由が 分からない。

球種を見ると、
40%がストレートで、
30%がフォークと
この2つが主で、
あとはカーブとシュートが10%と
平均的な投手である。
ストレートは被打率276と
先発投手としてはそれほど悪くはない。
しかし、もう一つの軸の フォークが被打率333。 他の変化球も全て400以上打たれていて、 変化球の精度の悪さを示している。
被OPSも対右打者・対左打者とも、
800以上と、どちらも不満。

課題は変化球と制球。
特に変化球が精度が上がらないと、
悪くても抑えることができず、
結果としては先発で
使えないということになる。

いずれにしても、
二軍でやり直しだろう。
そして、一軍での起用の際は、 まずは中継ぎで結果を 出すことが必要だ。


カープ坊や SPECIAL BOOK 【保冷バッグ2個付録】 (e-MOOK)


カープはもっと強くなる (ワニブックスPLUS新書)


広島東洋カープ 今年も熱く、カープ魂 廣瀬純監修選手名鑑付(ベースボールサミット第13回)


広島アスリートマガジン2017年5月号 広島を愛し、広島に愛された男たちの物語 空前絶後の最強外国人


矢野七菜子、白球を追う。 1 (ゼノンコミックス)


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

鈴木誠也~デビューして今まで、不振知らずである本当の理由は? [広島カープ]

今日は連敗を脱出。
中日戦は悲惨だっただけに
勝って良かった。

今日は薮田も評価高いが、
誠也もさずがで、同点タイムリーを
打った。
今年も好調で、成績は以下。

<今季成績(5月22日時点)>

44試合196打席 (右130・左60)
安打・51
本塁打・8
四球・17
盗塁(成功率)・5(714)
失策・0
出塁率・367
長打率・506
(OPS)・873
得点圏・286

4番に座り、マークがきつくなったので、
昨年上げた鬼のような成績である
OPS(出塁率+長打率)1000と
得点圏打率325以上のようなことは
ないが、
それでも中軸打者の 基準であるOPS800は超えており、 得点圏打率もそんなに悪くない。
盗塁も成功率が良く、
年間で15超えそうなペース。
総合的に見て、充分仕事を果たしている。
強いて言うなら、もう少し四球の数と、
得点圏打率や盗塁は伸ばせる。

右打者だが、右投手にもOPS757と 苦にはしていないレベルにある。
左投手には、OPS1160と
完膚なきまでに粉砕している。
能見(阪神)・石川(ヤクルト)ら
広島戦を得意とする
セリーグの左腕エースを
完全にカモっている。

身体能力の高さを評価されるが、
意外なことに、
ストレートは打率250程度。
カットボールも同じくらいなので、
速球とそれに近い球には
意外と苦戦している。
しかし、スライダーは 同313と打っており、 カーブ等の他の変化球は 400以上打っている。
おかげで、カウントも2ストライクを
取られてからも、打率が250以上と、
追い詰められても強い。

このように、
鈴木誠の本当の良さは、 自慢の身体能力に頼ることなく、 変化球打ち等の技術習得を しっかりと努力して取り組んで きたことだろう。

まだ23歳だが、大きな不振の年が
ないのもこれで納得。
やはりこういう選手がメジャーに行ったり、
2000本安打を達成するのだろう。

とりあえず、今年は
チームを代表する打者の証の
OPS900以上と、他にも
得点圏打率300以上、
盗塁15以上を果たし、
問答無用の4番に定着してほしい。




広島アスリートマガジン2017年2月号 2017年のヒーローは俺だ!  セ界一へ 神れ! カブけ!


撓まず 屈せず 挫折を力に変える方程式


2017カルビープロ野球カード第1弾■CL-07/鈴木誠也/広島■スペシャルボックス限定カード/クラッチヒッターカード


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ