So-net無料ブログ作成
検索選択
広島カープ ブログトップ
前の10件 | -

結局、堂林が大成できない理由は、何なんだろうか? [広島カープ]

堂林の通算成績を上げてみよう

【10~11年】一軍試合出場なし
【12年(21歳)】144試合・554打席・OPS718・四球44・三振150・盗塁5
【13年】105試合・410打席・OPS599・四球33・三振96・盗塁10
【14年】93試合・330打席・OPS713・四球32・三振87・盗塁1
【15年】33試合・73打席・OPS582・四球3・三振16・盗塁1
【16年】47試合・60打席・OPS645・四球3・三振11・盗塁3
【17年(26歳)】31試合・37打席・OPS731・四球3・三振9・盗塁0(まだ全日程の45%程度ですが)

今年は出場試合数が伸びていて、
おそらく年間ベースでは、
70試合・80~90打席程度に
なりそうだが、やはり
一軍半下位~二軍程度で
あることは否めない。
一軍でレギュラーが間近の
レベルの打撃である、
OPSは700を超えているのが
救いである。



広島東洋カープ ハイクオリティユニフォーム(ホーム) 7 堂林翔太



思うのが、三振が多すぎる。 また、逆に四球が少ない。 打席と三振の比率を見てみると、

【12年】四球率8%・三振率27%
【13年】同8%・同30%
【14年】同9.5%・同26%
【15年】同4%・同22%
【16年】同5%・同18%
【17年】同8%・同24%

21歳で一軍で抜擢された後、 三振が20%を切った シーズンは1度だけ。
この20%というのは打撃の
ミート力の目安であり、
これを達成できないと、
長打力か守備走塁などの
他の要素が圧倒的でない限り、
好成績を残せなくなる。
だが堂林はそういうタイプでは
ない。



広島カープ 堂林翔太 フェイスタオル/カープグッズ 応援グッズ タオル 堂林 翔太 選手



そして、四球が10%を 超えたことは一度もない。
これは球の見極めに
関係する要素で、
これが残せないと、
制球眼に問題があることになる。

例えば、三振が多いだけなど、
いずれか片方が
果たせないなら分かる。
だが、両方悪いとなると、 根本的に課題があるということになる。 ちなみに、二軍でも打力自体は
OPS1000を超えるので文句はないが
やはり打席数あたりの三振20%以上、
四球10%以下である。



広島東洋カープ ガチャ 赤ヘル ストラップ #7 堂林



・・そうなると、やはり 根本的に能力が低いのでは? という結論に至る。

ちなみに、今年も
左投手には強くOPS924と
他のカープの野手同様に
打ちこんでいるが、
右投手にはOPS348と 完全にシャットアウトされている。

打った球種を見ると、
ストレートには相変わらず
強く打率375だが、
スライダーは打率000。 つまり、1本も安打を打てていない。
右投手に外に逃げるスライダーを 投げられた、それで終了である。



広島東洋カープ 赤道直火ユニフォーム(ホーム赤) 7 堂林翔太



結論を述べると、 やはり二軍でしっかりと 基礎を学んでいなかった。 また、同類の扱いだった 誠也のように 早々に一軍に上げられても、 自慢のパワーや身体能力に 頼ることなく、変化球打ちを マスターする努力を、 堂林はかまけてきたのだろう。 それでなければ、 根本的に能力がないと いうことになる。

もう今季は一軍にいる
必要はなし。
二軍でとにかく徹底して
やり直すしかない。



広島東洋カープ ハイクオリティユニフォーム(ビジター) 7 堂林翔太





nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

カープから「2位~5位で指名されそうな選手」を紹介!~ドラフト2017 [広島カープ]

ドラフト予想の続きで、
今回は2位以下で、
カープが指名しそうな候補を
紹介してまいります。



運命の瞬間 プロ野球ドラフト会議45年のドラマ (朝日新聞デジタルSELECT)



嶋谷<宇部鴻城高>

〇高校生・右打者・遊撃手。センバツにも出場した。

大型内野手で、かつての二岡(巨人)のような、中距離+強肩内野手。

昨年から早くも、カープの指名の噂が出ていた。2~3位ぐらいで指名可能されそう。タナキクの後継者の期待がかかる。

岡田<龍谷大平安>

〇高校生・左打者・外野手・長距離打者。今年の甲子園未出場組では、NO1の強打者。

安田(履正社)と比較しても遜色ない。

→外れ外れ1位ぐらいで指名されそう。ただ、カープは同校卒で似たタイプの高橋大が苦戦しているため、おそらく指名にはされないと思う。



鯉のはなシアターVer.3 -広島東洋カープにまつわる珠玉のエピソード集- [DVD]



西浦<明徳義塾>

〇高校生・左打者・外野手。上背がないが、丸のようなバランスタイプである。
〇現時点でも完成度が高く、中距離+俊足強肩という意味では、1位候補の増田(横浜)に近い。

増田ほどの実績がないので、1位で外野手を指名しなかった場合、2~3位で指名したい。丸の後継者にしよう。


平本<広陵>

〇高校生・左腕投手。地元の名門出身の投手として期待がかかる。

上背がないのがネックだが、昨年秋の時点で140キロ出る等、成長を感じる。
田口(広島新庄)等と同じく、3位ぐらいで指名されるかも。もし広島が4~5位ぐらいで取れると、美味しい存在。



完全保存版 カープ25年ぶり優勝! 明かされるV7の真実 [DVD]



山下輝<木更津総合>

〇高校生・左腕投手。長身で基本ができており、順調に肉付けされている。

〇ストレートも140キロに到達。おそらく甲子園に未出場では、高校生左腕ではNO1。

広島としては2位で指名したいが、1位でも外れ外れぐらいになれば、指名されるかもしれない。


川端<秀学館>

〇高校生・左腕投手。先発でも活躍し、おそらく左腕で高校生NO1の評価を受けている。

〇変則フォームから、ストレートは150キロに迫る。

山下同様に広島としては2位候補。外れ外れ1位もありうる。



黒田博樹「15」の記録/記憶 [Blu-ray]



ケムナブラッド誠<日本文理大>

〇大学生・右投手。アメリカ人とハーフの地方大のエースで、150キロも期待できる。

とにかく馬力が凄く、素材だけなら大学NO1かも。ただ、完成度は低い。

広島としては、4~5位で指名したい存在。


永野<ホンダ>

〇大卒2年目社会人・左腕投手。松山と同じ九州国際大出身。

150キロ左腕であり、素材は相当だが、完成度が社会人としてはもう少し欲しい。

2~3位ぐらいの指名が濃厚。1位で同じ社会人左腕の田嶋(JR東日本)を獲得しない、もしくはできない場合は、ぜひ広島は指名してほしい。



CARP2016熱き闘いの記録 V7記念特別版 ~耐えて涙の優勝麗し~ [DVD]



石田<東京ガス>

〇大卒社会人2年目の右腕。関西大出身。ちなみに、昨年は山岡(現オリックス)と一緒にやっていた。

〇すでに145キロ以上を記録し、完成度も高い。

広島としては、4~5位で指名できるようだと、面白い。







nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

淡泊な打撃が目立つ若手たち~カープ二軍戦レポート(最終回) [広島カープ]


CARP2016熱き闘いの記録 V7記念特別版 ~耐えて涙の優勝麗し~ [DVD]


CARP2016熱き闘いの記録 V7記念特別版 ~耐えて涙の優勝麗し~ [Blu-ray]


黒田博樹「15」の記録/記憶 [Blu-ray]


THE TRIUMPH of 真赤激! ~CARP2016リーグ制覇の軌跡~ [DVD]


カープ愛に包まれた男 新井貴浩 2000安打への軌跡 [DVD]


完全保存版 カープ25年ぶり優勝! 明かされるV7の真実 [DVD]


鯉昇れ、焦土の空へ あなたは広島カープを知っていますか? [DVD]















カープ二軍戦レポートが
まだ残っていたので、
最終回としてそれらを上げます。


美間<今季23歳・内野手>

途中から8番で出場。
ペーニャと入れ替えで、
三塁を守りました。

しかし、打撃は三振でした。
3年前の才気を見せた時と 比べ劣化してます。 かつてのキレは失われ、 モッサリしています。
栗原のように、
どこか体が悪いのでは?
と思います。
もし手術で改善するなら、
踏み切ったほうがいいと
思いますが。
もし、そうでないなら、
減量や筋トレで体を絞る
しかないと思います。

青木<今季20歳・内野手>

途中出場で、メヒアの
後で4番で一塁を守りました。

阪神から人的保障でオリに行った
金田との対決で、スライダーに
全く太刀打ちできず、三振でした。

今年になってよく見る選手ですが、 正直言って、今のままだと、 近い将来、育成枠転落に なるかもです。

上本<今季27歳・内野手>

途中から出場で、庄司と入れ替えで、
二塁を守り(桑原が遊撃へ)ました。

青木同様に金田には 手が出ませんでした。 つーか、全然タイミングが あっていません。

やはりこの選手は守備走塁だけ なのでしょう。 木村昇の後継になってほしいですが、
打撃は20代後半になりつつあるのに、
この程度ですから・・。
守備・走塁が良いだけに、 簡単に解雇はされないでしょうが、 代わりに、キムタクや木村昇のように、 レギュラーを得る日は、 まずないと思います。


中村亘<今季26歳・捕手>

磯村に代わり、途中出場でした。
打撃も守備も特にありません。
美間・桑原・上本同様に、
淡泊な印象でした。

船越<今季24歳・捕手>

代打で1打席のみの登場で、
守備にはつきませんでした。

ピッチャー強襲のヒットでした。
強い打撃をするあたりは、
上本らとは違いますね。

磯村・船越・坂倉の3人が いるだけに、カープの捕手陣は 将来は有望です。




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

中村祐太は大成するのか?マジで考えてみる。 [広島カープ]

昨日は残念ながら、
ソフトバンクに敗れ、
交流戦優勝はならなかった。
やはりソフトバンクは強い。
試合内容も同じ1勝2敗とはいえ、
楽天より上であり、
実力もやはりソフトバンクは
あるんだなあ、と感じさせた。
やはり日本シリーズに出てくるのは、
ソフトバンクだろうな・・と思う。

さて、中村が2回4失点で降板し、
今年初の負け投手となった。

<中村・22歳>
先発回数・6
投球イニング・29
防御率・3.68
与四死球・14
被安打・29
奪三振・20
QS・33%
対右打者(被OPS)・485
対左打者(同)・869

年齢は普通なら大学4年生。
それで早くも先発の一角を
担うのだから大したものである。
被安打・奪三振とも先発としては まずまず。 先発しても、ある程度球威が 通じている。 課題は四死球の多さ。 投げた半分の回で、 四死球を出しており、 制球がまだまだであることが 分かる。 そのためかQS (6回3失点の確率)が低い。 5~6番手投手のレベルにも まだないということになる。 ただ、これなら本来は
防御率4点台もありうるが、
その割に防御率が良いのは、 先発向きであるということだろう。

あと、被OPS(出塁率+長打率)が、
右打者には先発としては 破格に優秀だが、
左打者には先発としても、 かなり打たれており、明らかに課題である。

球種はストレートが4割、スライダーが4割、
あとは、カーブが1割、フォークが1割という、
なかなか基本とバランスがしっかり
取れている投球スタイルである。
素材の良さを感じる。

そして、必殺のスライダーの威力が、 凄まじく、被打率138。
右打者をこのスライダーで
完全に封じ込めていることになる。

ただ、 他の球種は みんな被打率330以上打たれており、 まだまだなのが分かる。

今のところは、
「まだまだスライダー頼みの投手」と
言っても差し支えない。
そして「発展途上にある」ことも
明らかである。

ただ、この投手の場合は、
おかげでやることは
はっきりしている。
またここまで述べたように、 発展途上とはいえ、 基本的な素材が良いので、 本人が努力すれば 大成出来る。

まず、カットボールをマスターして、
ストレートを磨けば、
左打者対策は向上するだろう。
あとは、少しずつフォーク・カーブも
レベルアップすればいい。
特にストレートとカーブが良くなれば、
15勝も視野に入るだろう。

今年はこれから阪神と一騎打ちに
なるため、気が抜けない試合が
多く、ローテの谷間で先発の
地位ぐらいしか与えられない
だろうから、何としてもそれを
死守するぐらいか。

そして、来季は上記の課題を
一つ一つクリアしてほしい。
来季は2ケタ勝利、
そして育て親の佐々岡コーチの
後継者の地位を確立したい。



カープ坊や SPECIAL BOOK 【保冷バッグ2個付録】 (e-MOOK)


カープ坊やフェイスショルダーバッグBOOK (バラエティ)


広島アスリートマガジン2017年7月号


カープ坊や リュックサックBOOK (バラエティ)


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

交流戦優勝できるか?2位の対ソフトバンクとの直接対決を完全予想! [広島カープ]

オリックスに3連勝した。

これで、交流戦は11勝4敗となり、 首位である。
残すところ、2位の
ソフトバンク(10勝5敗)との
直接対決の3連戦のみ。
なお、3位の西武が
9勝5敗1分なので、
ここまでが優勝の可能性が
残されている。

ソフトバンクとは この直接対決で2勝1敗以上か、 1勝1敗1分けで、 優勝が決まる。

ただし、1勝2敗で負け越すと、 12勝6敗で両チームが 並び、その場合は直接対決で 勝ち越したチームが上位に なるので、ソフトバンクの 優勝となる。 (ただし、現在9勝5敗1分の
西武が3連勝して、12勝5敗1分と
なった場合は西武が優勝。
なお、1勝1敗1分の場合は、
西武が3連勝した場合は、
12勝5敗1分で西武と並ぶが、
直接対決でカープが
勝ち越しているので、
カープが上位となる。)

・・上記のように、西武は
ほぼ優勝がないので、
ソフトバンクとの一騎打ち。

だが、これはカープが有利な 条件がそろっている。 まず、本拠地の
マツダスタジアムで
3連戦というのが大きい。

しかも、雨天延期でない限り、 このあとは日程的に4日間 空くので、投手をどんどん 投入できる。
第三戦目は、先発投手クラスを
突っ込んでも差し支えない。

・・もちろんこれはソフトバンクも
同じだが、ソフトバンクは
中継ぎは平均防御率2.17と
破格に優秀だが、
先発は平均防御率4点台と悪い。
逆に、カープは先発が同3.42で
中継ぎは同3.12と、
ソフトバンクとは逆。
しかし、中継ぎの差なら上記の投手 を沢山投入できることで、 差を詰めることができる。 つまり、これはカープ有利なのだ。

打線はどちらも秀逸。
カープがOPS770で、
ソフトバンクは同785だから、
互角と見ていい
(ソフトバンクが上なのは、DHがあるから)。
カープは盗塁は上だが、ソフトバンクの捕手の
甲斐は12球団トップの
盗塁阻止率を誇る。

・・ということで、攻撃力で
差がつくことはなさそう。
それだけに、楽天戦のような、 接戦となると思う。

具体的には、
盗塁よりも犠打を絡めて 多彩に攻撃していくことだろう。

あとは、守備がどこまで
頑張れるか?
今宮・柳田ら足の速い選手が
そろっており、
石原・会澤の捕手の力もカギ。

先発ローテは、ジョンソン・
野村・中村だろう。
1・2戦目もだが、 3戦目の中村の時は どんどん投手を投入したい。
最悪、薮田・岡田を突っ込んでも
構わない。

何が何でも勝ちにこだわってほしい。 交流戦優勝すれば、
23日からはじまるセリーグ本線で、
いきなりの首位対決で
阪神との3連戦にも弾みがつく。
一気に決めてほしい。



かっ飛ばせ!ひとこと英会話 広島東洋カープ


スポーツビジネスの教科書 常識の超え方 35歳球団社長の経営メソッド (文春e-book)


野球メンタル強化メソッド 思考の違いが勝負の分かれ道になる! (PERFECT LESSON BOOK)


ショルダーボディバッグ 広島東洋カープ 2017年新グッズ 数量限定


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ジャクソンは、そろそろ・・&オリとのトレード私案 [広島カープ]

オリックスに5点差を追い
つかれるなど、
苦しい展開を鈴木誠也が
逆転ホームランで延長戦で
勝利。
さすがである。

しかし、思ったのだが、 もうジャクソンは、 そろそろ二軍に降ろしては?
今月は6登板で防御率7点台である。
(参照・4月は0.00、5月は1.64)

今月の投球を見ていると、
三振はそれなりに取れており、
四死球も悪くないのだが、
とにかく安打を打たれている。 研究されたのか、 投球が単調なのか? だと思うが、そろそろ一度、 二軍に降ろして、調整 させたらよいだろう。

代わりに、ブレイシア等の
外人も良いが、 今井を上げては どうだろう? 二軍で好投しており、
先日の観戦した時にも、
良い球を投げていた。
一度、ぜひ起用してほしい。

=============

あとは、そのオリックスと
トレードを提案しておく。

庄司<広島・内野手・今季26歳・年俸580万>
+土生<広島・外野手・今季28歳・年俸600万>

佐藤那<オリックス・右投手・今季20歳・年俸500万>
+鈴木優<オリックス・右投手・今季21歳・年俸500万>

庄司・土生は二軍では実力者だが、 一軍では通算10試合程度しか出場がなく、 20代後半になってしまった。
今もだが、この先も内野は菊池・田中の他に
安部と西川、外野は丸・鈴木の他に
野間・堂林がいるチーム事情では、
チャンスはない。
仮に、彼らがFA退団まで待っても、
その頃には30歳ぐらいになり、
代わりの抜擢対象になれないだろう。

オリックスは、まだ踏ん張れば、
Aクラスの可能性が
ギリギリ残されている。
しかし、投手はまずまずだが、
(今日は打ったが)
野手は一軍も二軍も貧打線であり、 それが上位3球団との差になっている。 しかも元々、野手が少なく、 足らない所に、奥波が事故を 起こす等、「泣きっ面に蜂」になっている。

そこで、この2人なら戦力に なるだろう。

逆にオリックスは20代前半の
右腕は近年取りまくっているので、
かなり余っている。

カープは投手は一軍はともかく、
二軍はあまり余裕がないし、
何より、来季オフから 主力が相次いで、 FA権を取得するので、 一刻も早くその備えを 作らなくてはならない。

よって、オリの若手右投手を 2人もらって数年後に備えよう。
特に鈴木優は二軍戦で見たが、
球威があり、打たれはしたものの、
三振も取っており、将来を感じる。

逆に野手で空いた欠員は、
今年のドラフトで高校生を取って、
将来に備えればいい。




広島東洋カープ ハイクオリティユニフォーム(ビジター) 51 鈴木誠也


広島東洋カープ レプリカユニフォーム(ビジター) 51 鈴木誠也


広島東洋カープ レプリカユニフォーム(ホーム) 51 鈴木誠也


広島東洋カープ オリジナルブランケット 51 鈴木誠也


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

金子に投げ勝った薮田、最多勝あるか?そして・・・ [広島カープ]

昨日はカープがオリックスに勝利。

やはり薮田に尽きるだろう。 オリの金子に投げ勝つとは すごい。
金子は球界最高年俸投手であり、
5億円投手を1400万円の
薮田が見事に投げ勝ったわけで、
これは相当な自信になるはずだ。

薮田は先発に廻ったわけだが、
それぞれの時期の
成績を見てみよう。

<先発時・3勝0敗>
試合数・3
投球回・20
防御率・1.35
QS(6回3失点以下の達成率)・100%
奪三振・19
四死球・7


<中継ぎ・3勝1敗>
試合数・23
投球回・27
防御率・3.00
WHIH(1回あたりのランナーを出した率)・1.48
奪三振・22
四死球・16

・・お分かりの通り、 先発に廻ってから、 明らかに投球レベルが 上がっている。
3連勝中も見事だが、
QS100%は地味に
素晴らしい。

元々、加藤らと同様に、
奪三振は優秀な代わり、
四死球が多く、
「パワーはあるが、コントロールが・・」
と言われる部類。
だが、先発時は
20回で7四死球とまずまずのライン
まで向上してきた。
そうなると、パワーで打者を 圧倒できる。

右投手ながら、 左打者に被OPS522と 相当優秀であることも大きい。
ただ、右打者には被OPS730は
まずまずだが、
これは改善の余地があるだろう。

躍進の理由は、
フォークを封印した代わりに、
投球の25%を占めるシュート。 被打率132と、完ぺき。
ストレートやカットボールの
ようなパワー系の投球はもちろん、
イメージと違い意外と器用な
投手で、これにカーブも操る。
そして、いずれも被打率は
2割台前半なのだ。
つまり1個1個の球種が、 非常にレベル高い。

昨日の勝利で、
自信をつけたとなると、
いよいよ本格的ブレイクが 視野に入ってきた。
現時点で、6勝目。
菅野(巨人)とメッセンジャー(阪神)と
わずか1差。岡田と並び、
最多勝も充分視野に入る。

中継ぎ期間が長かったので、
規定投球回数到達が難しく、
最優秀防御率・奪三振は、
優秀だがタイトルを狙うのは
難しい。なので、
最多勝を目指して、ここは
頑張ってほしい。

そうなれば、
来年以降は、
他球団のエースすら
恐れる、 マエケンや ジョンソン級のような 絶対エース的な 存在になれるだろう。
そして、メジャー行きも 見えてくる。



広島アスリートマガジン2017年7月号


鹿の子Tシャツ 広島東洋カープ 2017年新グッズ 数量限定


ニューエラ Hデニム レッド キャップ 広島東洋カープ 帽子 野球帽 観戦 NEW ERA(トラッカー) 赤


広島東洋カープ アドベンチャーハット(ロゴ) カープ坊や 帽子


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

パッとしない、二軍の重点強化選手~二軍観戦レポート⑤ [広島カープ]

最近、アクセス数が
伸びており、
ここ最近はSO-NET
ブログのスポーツ
ランキングの
野球関連では2位
(しかも1位のブログは
ニュース集約的な内容のものなので
特定のチームや野球内容を
扱ったものでは、実質1位と言える)に
なりました。
アクセス頂いた方に、
感謝を申し上げます。

二軍戦レポートの
続きです。


高橋大<今季23歳・外野手>

7番センターで出場。
初めてセンターを
守っているところを
見ましたが、無難に
こなしていました。

この日は1安打とエラーで 出塁でした。
アウトコースのストレートを
タイムリーにした打撃は
なかなかでした。

ただ、むしろその後の 相手のエラーでの出塁の際に、 そのまま全力で走って、 二塁を陥れたのは、 素晴らしい判断でした。

こういう感じで頑張れば、
何とかチャンスが
見えてくるかもしれません。

かつてのドラフト1位ですが、
誠也と同じ23歳で、
未だ二軍卒業は見えないですが、
なんとか、安打量産で
道を切り開いてほしいです。


桑原(「くわ」の字が出てこないので、これで行きます) <今季21歳・内野手>

9番で二塁で登場。 最後は遊撃を守りました。
守備の方は板に
ついてきましたね。
俊敏です。

それに対して、打撃は 淡泊です。 変化球に弱く、 特に外に逃げる スライダー等には、 全く太刀打ちできないです。

OPS650前後と、
二軍でも二遊間としては
レギュラーがギリギリの
守っている状態で、
こんな状態でも 重点強化選手なので、 9番打者ながら使って もらっていますが、 おそらく今のままなら、 今季一杯で、 重点強化選手では なくなるでしょう。
守備・走塁の方は
よいだけに、
アマ時代の印象とは
正反対になりました。

菊池・田中がFA権を
取得する2~3年後には、
一軍で活躍してほしいので、
それには少なくとも来年は
二軍卒業クラスの
成績を出す必要があります。
しかし、ここまで変化球に 苦戦するようだと、 この先も不透明です。


・・スタメン選手は以上です。
良かったのが、
野手は堂林・メヒア・庄司と
投手の今村・加藤、
収穫だったのが、
野手の磯村と投手の長井、
でしょうか?

次回は、代打などで出た
野手を上げていきます。




RibbonMagnet(リボンマグネット) 広島カープ リボンマグネット セ・リーグ優勝モデル


広島東洋カープ 野球帽


LEZAX(レザックス) ボストンバッグ 広島東洋カープ 二段式ボストンバッグ  HCBB-7520 レッド


ショルダーボディバッグ 広島東洋カープ 2017年新グッズ 数量限定


カープたーぼうクールマックスCARPロゴ


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この3名の野手は、二軍では実力者だが一軍では通じるのか?~二軍観戦レポート④ [広島カープ]

カープは一軍は休み。

二軍観戦レポートの
シリーズの続きです。
好評を頂いており、
特に広島以外の方から、
「普段、見ることがない
二軍がよくわかる」と
お言葉を頂きました。


メヒア<今季25歳・内野手>

4番で一塁で登場でした。

ドミニカ時代から
育成枠&仲間の
バティスタが支配下入りとなり、
さらに一軍でもレギュラー級の
活躍をしています。

しかし、このサイトでは何度も
述べておりますが、
メヒアもOPS900を超えており、 支配下入りは 確実にしています (外人枠と70人枠の問題で、 実現できていないだけ)。
この日の私のメヒアの
観戦のテーマは、
もう支配下の話ではなく 「一軍で通じるかどうか」でした。

バティスタと比べても、 ブンブン振り回す イメージですが、 凄いのが対応力も しっかりしていること。 読みが外れても、
大振りなのに、
ちゃんと当ててきます。

まず最初の安打は
甘く入った球を
外野に飛ばしました。
この辺はさすがでしょう。

そして圧巻だったのは、
相手投手のオリの 鈴木優の低めの ストレートを143キロの 左中間の深い所に、 ホームランにしました。

真ん中に入り失投である
可能性もありましたが、
メヒアも打撃が崩れており、
完全にパワーと対応力で
持っていきました。見事でした。

途中で交代で下がりましたが、
読み外れで、体制を崩されても、 外野スタンドへ放り込んだ このホームランをみて、 「一軍で行けるのは間違いない」と 確信しました。 少なくとも一軍半上位は 間違いなしです。

バティスタとの差を上げるなら、
二軍投手レベルなら、
バティスタなら相手の投手が
好調時でも打てますが、
メヒアはまだ相手の失投が
前提となる所でしょう。

ここまで来たら、
バティスタに代わり、
二軍で三冠王を取って、 神レベルで 今オフに二軍と 育成枠卒業をしてほしいです。


磯村<今季25歳・捕手>

5番で登場。
二軍では捕手ながら OPS(出塁率+長打率)770と 中軸打者に迫るほどで
そのため、バティスタが
抜けたことから、この打順で
起用されたのでしょう。

中軸打者で
これだけ打てるのに
バントしたり、
相手投手に球数を
投げさせるべく
打席で粘る(それが次の
庄司の結果につながった)
のは、
捕手だけにチーム プレイに徹しているのでしょうが、 これは好感を持ちました。

捕手としては、
まず肩の方は、
2回オリの選手に
盗塁されて、
1回刺しました。
もう1回もあと一歩で
アウトにできたので、
肩は悪くないでしょう。 ただ、疑問なのは 福井の所でも上げたリード面。 あれだけ打たれて、
四死球ゼロなのは、
意図的にストライクゾーン中心に
どんどん投げさせたのでしょうが、
それで炎上したことを考えると、
福井の調子が良くなかったことも 考えれば、もう少し何とかして ほしかったです。

いずれにしても、
今年で二軍卒業は濃厚で、 来年は一軍帯同して、 石原や会澤と正捕手 争いをする存在でしょう。


庄司<今季26歳・内野手>

6番で遊撃手で登場。

まず、守備は意外と 良かったです。 内野安打も許しませんで したし、何より動きが 俊敏です。

打撃は2打席連続 3塁打を打つなど、 完ぺきでした。

最初の球は完全に
失投でした。
133キロのカットボールみたいな
感じでしたが、右に引っ張って
ライト線の一番奥深くまで
持って行きました。

その次の打席は高めの
142キロでした。
これは逆にセンターの
奥深くに飛んで行きました。

どちらも見事でした。
175センチと小柄ですが、 打撃の形をきちんと取るので、 ストレート等に力負けすることなく、 引っ張りも、センターの奥にも 飛ばすこともできます。

おかげで、この選手は
この3年はOPS700台なので、
一軍半ぐらいなら
やっていけたと思うのですが、
菊池・田中のいたチーム事情が、
一軍出場を阻みました。

安部と比べても、打撃は
負けていないのですが、
足と守備がそれほどで
ないことが悩みです。
おかげであまり上では使われず、 26歳ですが、 いまだ通算で10試合以下となり、 もったいない限りです。

小窪の後釜あたりに収まると
良いと思うのですが、
それまで現役に残れるか不安です。
トレードに出すにしても、
年俸が安すぎて(年俸580万)、
交換相手が難しく、
出しづらいです。
今井とセットで出すぐらいでしょうか?
他球団なら活躍できると思いますが・・
もっとも、年俸が安いのを
利用してずっと控えで置いておいても、
悪くはありません。




LEZAX(レザックス) ボストンバッグ 広島東洋カープ 二段式ボストンバッグ  HCBB-7520 レッド


広島東洋カープ レプリカユニフォーム(ビジター) 15 黒田博樹


カープ坊や SPECIAL BOOK 【保冷バッグ2個付録】 (e-MOOK)


カープ坊や マルチに使えるショルダーバッグBOOK (バラエティ)


カープたーぼうクールマックスCARPロゴ


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ポスト中崎が出現?&まだ若手だけど来年はヤバイかも?~二軍観戦レポート③ [広島カープ]

楽天とのセパ首位決戦、
負け越しましたが、
負けた試合も接戦の
良い試合でしたね。
1戦目の圧勝、
2・3戦目の惜敗を見ると、
両方とも互角と見て良いでしょう。
この2チームが日本
シリーズとなれば、
良い勝負が見れそうです。

では、6月9日の
二軍観戦レポートの
続きです。


長井<今季19歳・右投手>

昨年ドラフト6位で入団。
つまり今年の3月まで、
高校生だった投手。
にもかかわらず、
すでに7登板と、 野手の坂倉と同様に、 よく使われています。

6回から登場し、 1回1安打無失点でした。

悪い点を先に述べると、 全般的に球が高く
安打を打たれたのも、
高めのスライダーでした。

しかし、ストレートは
全般的に良かったです。
特に右投手のインコースに MAX148キロを投じたのを 筆頭に、それに近い 球種をどんどん内角に 投げ込んでいく投球スタイルは 好感を持ちました。

おかげで、
見事に力でオリ打線を
ねじ伏せました。
これは高卒1年目としては
素直に評価してよいでしょう。
防御率は初登板の頃に
打たれたのが響いて
6点台ですが、
7試合12回で12奪三振と、
三振は取れております。
これは球威や決め球などは、 二軍なら1年目から 通じることを 証明しております。 この投球を見れば、 納得できます。

ドラフト時に、
私は入団時の評価では、
2~3位レベルでも
おかしくない投手だと
述べておりました。

これだけの力で 内角やストライクゾーンに 強く投げられるなら、 出世も早いでしょう。

当面の目標は、
四球と被安打の減少だと
思うので、
もう少し低めを意識し、
丁寧に投げることができたら、
防御率等も結果が出てきます。

来年は二軍で結果を出し、 再来年には、一軍で 起用機会も出てくるかと 思います。

「ポスト中崎」になれる器であり、 それを目指して 頑張ってほしいです。


藤井<今季21歳・右投手>

8回から4番手で登板。 1回で連打を浴び、3失点でした。

今季は防御率12点台と
惨憺たる有様ですが、
なんとなく、その理由も分かりました。
ストレートは143キロと
春先よりも伸びておりますが、
内角をつけないので、 踏みこまれて、打者は容易に 攻略していました。 スライダーは120キロ台で、 今井と違い全般的に制球が悪いです。 しかも何より、投球が単調で、 ストレートで空振りしてもらわないと、 苦しくなってしまいます。
おかげで、2三振取ってからは、
ストレートを狙い打たれて、
連打とフォアボールで、あっという間に
火だるまになりました。

まだ若い上、ストレートは
威力はあるので、
何かきっかけをつかむとか、
上手くやれば改善できると思うのですが、
この悲惨な防御率の他、 今回の投球をみると、 来年もこんなことだと、 解雇も現実的になってきます。
少なくとも一軍起用なんて
ありえません。


加藤<今季23歳・右投手>

説明不用のドラフト1位投手。
先発で成績を残していたのに、
制球の不安を指摘され、
二軍に落とされ、そのせいか
かえって二軍でもパッと
しなくなっています。

そのせいで、なんとか結果を
出さそうとしているのか?
それとも抑えの適性を
試しているのか?
5番手で9回に登場。 1イニングを簡単に3人を抑えました。

殆どの球が140キロ台後半で、
しかも同じレベルの
球速の似たような長井らと違い、
補給音が全然違います。 「ズドーン」という音を聞くだけで、 ハンパではない球の重さを感じます。 この投手から打者が長打を打つのは 困難でしょう。


最後に投げた球が最高速となる 150キロ。 抑えなら、一軍でも全然行ける レベルです。

「抑え投手なら、
どこまで凄い投手になるのか?」と
私以外の多くの人が思います。
しかし、右の中継ぎ・抑えは 豊富なのと、 なまじスタミナもあるので、 先発で使いたくなる・・ そんな投手です。
昔いた、長富がこんな
感じだった記憶があります。

個人的には、今村が
2年後にFA権取得なので、
それまでは先発を試し、
ダメだったら、今村の
去就を見極めて、
抑えに転向させるなど、
考えてみたら
良いかな?と
思っています。




広島東洋カープ ハイクオリティユニフォーム(ホーム) 21 中崎翔太


広島東洋カープ レプリカユニフォーム(ビジター) 21 中崎翔太


16 広島カープ 真赤激 ユニフォーム 21 中崎翔太 限定品 L


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - 広島カープ ブログトップ