So-net無料ブログ作成

ドラフト1位は誰か?~広島カープ・ドラフト2017大予想(後篇)  [広島カープ]

【前回より】

では、今回はカープの
予想に入る。


⑥予想の全体像

<1位>安田(履正社高)
<2~3位>高校生投手(左腕)&高校生野手(外野手)
<4~5位>大学生社会人投手(左腕)&大学生社会人投手(右腕)
<6~7位>大学生社会人投手(右腕)&大学生社会人野手(外野手)


⑦全体戦略

戦略としては、
2年連続で2位以内が
濃厚と、セリーグでも
上位球団入りということで、
現状の戦力には 自信がある。

そして、今年は大学・
社会人の即戦力組が
上位候補は不作。
なので、2位指名が かなり後半となると、 それまでに大学社会人の 即戦力になる選手は 残らないだろう。

そして、
来季以降から 始まる複数の主力選手が 一斉にFA獲得をする恐怖
(参考:<18年>丸・松山
<19年>菊池・会澤・岩本・
今村・野村・福井
<20年>田中・エルドレッド・堂林
<21年>安部・大瀬良・九里・
一岡・中田・小野・中崎・今井)に、 備える必要がある。

そこで、今年は即戦力となる
大学生社会人は、上位での
指名は諦め、代わりに
高校生を上位で一気に3人取り、
将来の主力をガッツリ確保。
4位以下は大学社会人で
中継ぎ等のサポート選手を
取りに行き、
将来に備える ドラフトに割り切ると いいだろう。


⑦清宮はどうする?

今年最大の目玉の
清宮(早実)については、
確かに超弩級の選手では
あるのは認めるが、
だが、一塁しかできないため、
どうしても外人助っ人と被ることと、
野手育成力の高いカープなら、
それなりの選手は
生みだせるはずなので、
私はスルーでいいと思う。


⑧1位指名は誰か?

代わりに清宮の最大の ライバルの安田を1位に 上げる。
競合相手は、T-岡田の
後継狙いで、オリックスだと
思う。だが、それさえなければ
単独1位指名も可能であろう。
現在の実力は、 高校時代の筒香(横浜)と イーブン。 左打者なのと、 三塁を守れることが大きい。
安部も28歳だし、
安部も西川も本来は
二遊なので、もし菊池らが
FA退団したら、そっちへ廻って
もらえばいい。
その頃には安田なら一軍に
顔だしできる。
他にも美間や青木もいるが、
伸び悩んでいるし、いざとなれば
安田本人や安部・西川も含め、
外野に転向という手もある。


⑨2位以下は?

2位以下はイメージで述べる。
2~3位で、丸の後継者となる
長距離打者の高校生の獲得。
あとは、高校生の将来の 先発左腕を確保しておこう。

4~5位
2年目ぐらいから 一軍に入れる大学社会人の 左腕の中継ぎ確保と、
すぐに中継ぎで行ける右腕の確保。 中継ぎ右腕ならこの順位でも
大丈夫だろう。

6~7位でも
まずは右腕で2年目から 一軍の中継ぎで行ける投手を 確保し、もう一人は
松山の後継として、
左打ちの外野手要員の確保を。 こちらも3年目には一軍に 入れるような存在を獲得しよう。



Number(ナンバー)923号 怪物たちのセンバツ。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))


野球太郎No.022 プロ野球選手名鑑+ドラフト候補選手名鑑2017 (廣済堂ベストムック 355)


プロ野球ドラフト「黄金世代」読本 ファンを熱狂させた「8つの世代」 (文庫ぎんが堂)


アマチュア・ベースボールオフィシャルガイド’17 グランドスラム49 (小学館スポーツスペシャル)


アマチュア野球vol.42 (NIKKAN SPORTS GRAPH)


最大の注目のあの選手の実力・価値は?~広島カープ・ドラフト2017大予想(前篇) [ドラフト会議]

さて、交流戦も今日から
中盤戦に入る。
その前にそろそろ、
ドラフトに一度触れておく。

①ドラフト制度ついて

先にドラフト制度に
ついて述べると、
1位は12球団同時に
指名し、重複の場合は
抽選。
その抽選を外した
球団はまだ指名されて
いない選手を指名する。
逆に2位からは、下位球団
(セパの優先は交流戦の
結果で決まる)から順番に
指名していき、3位は
この逆になる。4位以降の
偶数順位は2位と同じ方式。
5位以降の奇数順位は
3位と同じ方式になる。

カープは今年も2位以上は 濃厚。そうなると、 2位・4位・6位指名は、 12球団で最後が近い方になる。
つまり、例えば2位指名と
近いのは1位より3位の方と
なるわけだから、 連結して 考える場合は、2位・3位、 4・5位と分けたほうがいい。
(ちなみに優勝した昨年は
2位以下の偶数指名は
12球団中最後。逆に
3位以上の奇数指名は
一番最初だった)


②ドラフト前に考慮すべきこと

まず、今年のドラフト前に
考慮すべきことがある。
バティスタに続いて、
育成枠のメヒアと木村が 二軍で好成績を出しており、 今季オフには 支配下に昇格するのは 間違いないだろう。

さらに、今年も2年連続で
2位以内がほぼ確定的で、
すっかりセリーグでも
上位球団となった。
それを考えると、
目先にはとらわれず、 大きな目での 将来戦略が求められる。


③今年のドラフト市場

全体的に見ると・・

<高校生投手>
1位指名候補は不在。2~3位は悪くなく、4位以下は豊富。

<高校生野手>
1位候補が4人いる。こんな年は珍しい。2~3位も悪くなく、4位以下は例年並み。

<大学生投手>
1位指名候補は不在。2~3位も手薄で、4位以下は例年並み

<大学生野手>
1位指名候補は不在。2~3位も不作で、4位以下も手薄。

<社会人投手>
1位指名候補は2人いる。2~3位も例年並みで、4位以下も豊富。

<社会人野手>
1位指名校は不在。2~3位も不作で、4位以下も手薄

まとめると、「高校生野手」 「社会人投手」が豊作であると いうことになる。
特に戦力になるのに、
時間がかかる
高校生野手は、
1位では指名され
にくいので、
4人も「1位指名級が
いる」というのは、
珍しい。
高校生投手も悪くないが、
他は寂しい感じ。
(社会人野手はいつも
こんなものだが)


④清宮について

まず、今年最大の目玉の
清宮(早実)については、
確かに超弩級の選手では
あるのは認める。
おそらく、一軍でも6番打者なら 今すぐいけるだろう。 10年に一人の打者であり、 他のドラフト1位候補とは、 少なくとも3枚以上は 上の価値がある。
だが、一塁しかできないのと、
後述の内容から、
個人的には6球団程度の 抽選だと思う。 (もし、外野手でもう少し
全体が豊作なら
8~9球団以上もあったかも)


⑤考えられる展開

昨年は外れ外れ1位
候補でも、加藤(当時は慶大)が
残る等、広島としてはラッキーかつ、
球界としても豊作のドラフトだったが、
今年はそうでもない。 1位で清宮を外すと、 2位クラスの選手まで、 落として指名せざるを得ず、 各球団とも悩みそう。

例えば、投手陣崩壊の
ロッテなどは、即戦力になる
投手に走り、清宮の
指名はないだろう。

また、2位以下も
高校生は豊富だが、
大学・社会人が大したことが
ないので、中日や
ヤクルトなど、
下位球団に沈むチームは、
即戦力が少ない中、
どうするか注目である。

では次回は、カープの
指名予想を具体的に予想する。

【次回に続く】
(下記からどうぞ)
http://devi-sougou.blog.so-net.ne.jp/2017-06-06


別冊野球太郎 2017春 ドラフト候補大特集号(廣済堂ベストムック 357)


期待はずれのドラフト1位――逆境からのそれぞれのリベンジ (岩波ジュニア新書)


野球太郎No.023 2017夏の高校野球&ドラフト特集号(廣済堂ベストムック 361)


野球太郎No.022 プロ野球選手名鑑+ドラフト候補選手名鑑2017 (廣済堂ベストムック 355)