So-net無料ブログ作成
検索選択

堂林・ペーニャ・下水流の二軍転落後、未来は如何に?~カープ二軍戦レポート② [広島カープ]

6月9日(金)にマツスタでの
対オリックスとの
二軍の試合を観戦しましたので、
そのレポートです。

今回は野手編です。

下水流<今季30歳・外野手>

長い間、二軍で下積みが
続きましたが、昨年は
プチブレイクでした。
しかし、今年は一軍だけでなく、
二軍でも不振です。

1番・ライトで出場でした。 本塁打の他、2安打と、 満点の内容でした。
感じたのが、
甘い球を打つのが
うまいです。

ただ、比嘉(オリで
一軍通算200登板)など
レベルの高い
投手に当たると、
すぐに打てなくなります。
その辺がやはり課題でしょう。

今のままでは苦しいですが、 天谷のように、甘い球を しっかり攻略を続ければ、 一軍半で生き残れる チャンスはあると思います。


ペーニヤ<今季32歳・三塁>

2番で出場。
一軍では不振で、バティスタと
入れ替えになりました。
打席は3度ありまして、 ショートゴロ、ヒット、投手ゴロでした。
先発の山崎福の
明らかにボールの
スライダーをひっかけたり、
塚田のスライダーには
手も足も出ない等、
変化球に翻弄されていたのが 気になりました。

パワーも外人としては
それほどと思いませんが、
変化球は対応できていないのは 間違いなさそうです。
既に二軍すら打者として
成績を残すには
最低ラインである、
三振率20%前後にいます。
OPS(出塁率+長打率)も
600台です。
このままなら、今オフでの 解雇は濃厚でしょう。


堂林<今季26歳・外野手>

3番レフトで出場。
今年は一軍帯同が
多かったのですが、
先日初めて二軍に
落とされました。

3安打の活躍で、 二軍ではやはり格上の 存在です。

この細い体でも スイングは力強いので、 二軍のストレートなら、 簡単に粉砕します。
最初の安打はインコースを
強引に引っ張って無理やり
レフトに持って行きました。
また、三塁打も甘く入った
球を外野の奥へ飛ばしました。

しかし、それ以上に値打ちを 感じたのが、最終打席に、 右腕サイドのベテランの 比嘉のスライダーを ヒットにしたこと。
変化球に弱いだけに、
これは良い印象でした。

一軍では変化球に弱く、 どうしても三振率が25%にも達する等 厳しくなります。
せっかく二軍に降りたので、
しばらく変化球打ちに
徹するといいでしょう。

少なくともストレートには
負けないものを
持っているので、
楽な二軍にいるうちに、 変化球を少しでも克服し、 一軍に復帰してほしいです。


広島東洋カープ ハイクオリティユニフォーム(ホーム) 7 堂林翔太


広島東洋カープ ハイクオリティユニフォーム(ビジター) 7 堂林翔太


広島東洋カープ ガチャ 赤ヘル ストラップ #7 堂林


広島カープ 堂林翔太 Tシャツ 0 タオル うちわ シート


広島東洋カープ 堂林翔太限定 ユニフォーム キーホルダー


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0