So-net無料ブログ作成
検索選択

田中広輔~打撃は追いついたけど、まだまだ険しい「タクローへの道」 [広島カープ]

横浜戦は最終戦は
猛烈な追い上げをするも
最後は逃げ切られ、
このカード負け越した。
この5カードで、
4回負け越し。
この3連戦は
投手を批判する人が多いが、
この前の巨人戦では
打者の方がひどかったので、
何とも言えない。

巨人・阪神ももたついて
いるから助かっているが、
4位の横浜とは
3.5ゲーム差と、
だいぶ詰められた。
10連勝で作った貯金も
残り6となった。
次の最下位の中日戦に
負け越すようだと、
事態は深刻となる。

さて、田中が今日は
3安打の活躍だった。

<田中>
26試合127打席

安打・32
本塁打・0
四球・14
盗塁(成功率)・4(50%)
失策・4
出塁率・373
長打率・324

出塁率373は1番打者としては 満点レベルと言っていい。
長打率が324と低いので
OPS697と低いが、
1番打者だから気にならない。
良いと思うのが、
三振も結構多く25と、
打席の20%程度と
1番打者としては
多い部類なのに、
安打をリーグ4位につけるほど 打っており、なおかつ 四球も一つの目安である、 10%以上選べていること。
これが安定した出塁率を
生みだしている。

変化球に強く、
10打席以上打った球の内、
打率250以下だった
球種はない。
ストレートも
打率265とまずまず。
打撃は大きな弱点が 無くなった。
2400本安打・
生涯出塁率358と
鬼のような成績を
達成した、師匠であり
目標でもある、
石井琢朗コーチにも、 打撃は追いついた感がある。

ただ、守備走塁はまだまだ。 特に今年は守備が悪い。
守備率は950と
一軍の遊撃基準の970を
大きく割り込む。
去年はクリアしていただけに、
この劣化はなぜ?
また、盗塁は成功率が 相変わらず低く、 高い出塁率の一部を 無駄にしている。

なかなか険しい
「タクローへの道」。
守備走塁も頑張って、
極めてほしい。



過去にあらがう


心の伸びしろ


疾走!琢朗主義


カープうるっとくる話 三才ムック vol.751


nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 4

れな

技術的な面でわぁどうですかぁ?
(@_@)
数字は苦手(笑)なんで、書いてる事が解りにくいですぅ~(>_<)
by れな (2017-05-01 09:39) 

DEVI

ありがとうございます。
こちらは別途記事として上げさせていただきました。
http://devi-sougou.blog.so-net.ne.jp/2017-05-01-3
by DEVI (2017-05-01 14:35) 

れな

デビさんスゴ~ぃ(^з^)-☆

野球に詳しぃんですねぇ
選手なんですかぁ~?(@_@)
by れな (2017-05-01 15:46) 

DEVI

私は選手ではないですが、
見れば分かります。
by DEVI (2017-05-09 13:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: