So-net無料ブログ作成
検索選択

大瀬良~今度の今度こそ、眠れる獅子が目を覚ます・・のか? [広島カープ]

今日は巨人戦に勝って、
4カードぶりに勝ち越し。
しかも2位チームに勝ち越しで、
ゲーム差も開いたので、
これで一息だろう。

もちろん立役者は、 7回無失点の大瀬良。 QS(クオリティースタート・
先発で6回3失点以下)を
楽々達成し、今季初勝利した。

それにしても、今回が 今季初勝利なのは 意外な気がする。 実際に成績が劣る
岡田・野村・九里
(・・といっても、こちらも先発で
防御2点台を出しているのだが)は
すでに2勝挙げたりもしているわけで、
後述するように、 抜群の内容を上げているだが。

大瀬良をイメージする時に、 私が引用する言葉が 「眠れる獅子」。

大瀬良の才能はもちろん高く評価しており、
ガチで見たとき、セリーグ最強の
菅野・藤波らに、唯一カープで
総合力勝負で対抗できる存在である。

・・だが、誰が見ても 凄い球を投げているのに、 勝てない
しかも変な打たれ方をする・・という
イメージが昔からある。

黒田・大竹らもこの道を経て
今にたどいりついているわけで
全否定ではないのだが、
少し考えてみた。

<大瀬良>

4試合・27回
防御率・1.67
奪三振・27(奪三振率8.67)
四死球・8
被安打・23
被本塁打・1
QS・75%
被出塁率・284
被長打率・307

まず、 先発で防御率1点台は、 球界を代表する 投手レベルにある。
奪三振も先発投手としては、
7割台で合格なので、
大したもの。
四球の数も先発場合は、
投球回数の30%未満なら
抜群なレベルなので、
これも凄い。

ストレートの投球比率が50%、
カットボールが25%、フォーク・スライダーが
10%ずつの、
まさに本格派投手。
悪い時に、ストレートを
狙い撃ちにされるせいか、
150キロ級のストレートがある割に、
被打率が2割台後半と意外と高い。
ただ、変化球は多投するカットボールが1割台。 あとのフォーク等は0割台と 破格である。
・・ただ、その割に
あまり投げていないのだが、
これはおそらく、
他球団の中軸打者クラス以外には
用いないのだろう。
逆にいえば、それ以外の打者は 「力だけ抑えちゃいます」と言っているわけで、 やはりこの投手の実力は、尋常ではない。


黒田引退し自覚を求められる
今年、ついに
「眠れる獅子が目を覚ます・・」に なるのかどうか。
もちろん、この調子が1年続けば、 当然、防御率2点台で15勝、 QS75%以上でMVP ・・も全くおかしくない。

今年は本人にとっても、
野球人生のターニングポイントで
あろう。


調査報道ジャーナリズム「広島カープ」宣言(仮): 「市民とつくる」ニュース組織


カープはもっと強くなる (ワニブックスPLUS新書)


カープ坊や マルチに使えるショルダーバッグBOOK (バラエティ)


神々のカープ物語


nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 6

コメント 2

お名前(必須)

いつも思うんだ、野球は筋書きのないドラマ。
数字だけじゃ語れない。
数字で語るは競馬の予想と一緒。
予想通りになりますか?精密機械じゃないもんね、人間は。
だから面白い、そこにドラマが生まれるから。
by お名前(必須) (2017-04-28 10:14) 

DEVI

ありがとうございます。
ご意見はわかりますが、
残念ながらITや統計学発達した今、
野球が数字でないというのは、
もう無理がある状況と
なっております。
by DEVI (2017-04-28 11:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: