So-net無料ブログ作成
検索選択

順位が乱高下する理由は、ドラフトが物足りないから~12球団ドラフト調査白書33・ヤクルト<後篇> [ドラフト会議]

ヤクルトの後編です。

この10年間の指名人数結果

【支配下指名】60人

高校生・21名 
大学社会人・17名
25以上・22名 

【育成枠指名】12人

高校生・2名 
大学社会人・6名
25以上・4名 


ヤクルトのドラフトは
何と言っても、 25歳以上の指名率が 41%とセリーグで 最も多いこと。
また、その割に高校生も
21名なので40%だから、
決して少なくはない。
代わりに他球団では多い、 大学・社会人の指名が、 17人で19%と12球団でも 最低水準にある。


<総評>

ヤクルトの順位の 乱高下ぶりは凄い。
この3年が5位・1位・6位で、
その前が2位・3位・6位だから、
強いのか、
弱いのかわからない。

ただ、チームを構成する
根源を成すドラフトは
阪神にはさすがに
負けないが、
セリーグの他球団に比べると、 イマイチな印象。
そのため、自前の戦力が足らず、
バレンティンのような
優良外人等に
恵まれた時は上位進出できるが、
そうでないとBクラスは
避けられない。

理由は、成功選手が質量とも 低いことが上げられる。
超弩級の存在の
山田哲がいるが、
それ以外にチームを代表する
成績である9P以上を
獲得しているのは小川だけ。

また、成功選手が 06・07・09・11年と出ていない年が多い。
この時期に入団した選手が
現在主力となる頃なので、
それが出ていないと、
ツケとなるのは当然である。

ジャンル別に述べると、
高校生はまずまずだが、
大学社会人と、 結構取っている 25歳以上が成功選手が あまり出ていない。
それぞれ近年の選手では、
小川、秋吉と久古ぐらいと厳しい。
上位指名も下位指名も
もう少し当たって欲しい。

幸い、今のところ抜けた選手は
田中浩ぐらいなので、
新旧交代を進めて
一刻も早く若手中心の チーム構成に変えれば、 今なら低迷期を短くして 新旧交代できるはず。

ドラフトに関しては、
このチームの場合は、
25歳以上の指名を少し抑えて、 大学社会人の指名を 増やして、高校生同様に スケールのある選手を 育てていきたい。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 2

細谷さとる

ドラフトの視点から、この10年の成績を分析するとは面白いね。数値化されているのもわかりやすい。
ヤクルトの次のドラフト戦略はやはり4番打者候補を獲ることでは?畠山、バレンティンに続く4番打者が欲しい。ここはやっぱり清宮君でしょうね〜
by 細谷さとる (2017-03-29 11:00) 

DEVI

細谷さん、ありがとうございます。
昨年は仕事でお世話になりました。
ご評価いただき感謝です。
そうですね。ヤクルトが清宮をとるのはありだと思います。
あとは若手がもう少し出てきてほしいですね。
山田・中村、小川・秋吉に次ぐ存在が欲しいところです。

by DEVI (2017-03-29 12:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0